SNS・ブログ集客のコツ、方法、書き方の指導歴13年のITビジネスコンサルタント笹野健

初心者向けSNS集客やブログ集客のコツ、方法、書き方を始め、起業の成功術、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛、結婚、離婚相談を得意としているITビジネスコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の相談に乗ってきました。

ホテルのラウンジに行くより日用品にお金をかけた方が、投資効果は高いし波動も上がる

運が悪そうで貧しい人ほど、ホテルのラウンジに行って、お茶をしたがります。無駄に高いコーヒーや、アフタヌーンティーセットを頼み「私ってセレブ〜」とか言い、写真をバシャバシャ撮って、周りに迷惑がられます。アメブロやインスタグラムには、そういう人が溢れています。

 

女性向けの自己啓発本には、波動の高い場所に行って過ごせば、自分の波動も上がるとよく書いてあります。それを鵜呑みにしたのでしょうが、残念ながらそれで波動が上がった人を、今までに一度も見たことがありません。

 

波動が高い人は元々高いし、そんなところに集団で行って、はしゃいだりしません。ましてや写真なんて撮りません。滅多に行かない珍しい場所だから、写真を撮るのです。その時点で「慣れてない人」だとバレます。

 

ホテルのラウンジは高いので、頻繁には行けません。一ヶ月に一回行っても、残りの29日は貧しいままです。そうすると、家に帰ってきた時に、余計にむなしくなります。

 

それなら、日用品にお金をかけた方が、投資効果は高いです。日用品は毎日使います。24時間365日、セレブ気分が味わえるので、その方が運気も波動も上がります。

 

おすすめはタオルを変えることです。タオルであれば、500円〜5,000円の範囲で、充分に高級品が買えます。持ち歩くのは500円のタオルにして、洗面所では1,500円のタオルにするとか、やり方はいくらでもあります。

 

100均のタオルや、どこかの粗品でもらってきたタオルは、肌触りが良くないし、すぐにボロボロになります。直接、肌に触れるものは、上質なものにしておいた方が、長い目で見ると良いと思います。

 

私の家では、トイレのタオルは、500円〜1000円のものを使っています。他のタオルは1,000円〜3,000円です。バスタオルは5,000円で、タオルケットは1万円のものです。これを言うと驚かれますが、それを365日で割れば、大したことはありません。投資としては、充分に元を取っています。

 

別にタオルだけではありません。歯ブラシでもコップでも、スリッパでもお箸でも、何でも構いません。自分が「これは!」と思ったものを、日常生活に取り入れると、ホテルのラウンジに行くより、はるかに運気も波動も上がりますよ、という話です。

blog.kensasano.tokyo

blog.kensasano.tokyo

11/23に24ページも読んでくれた千葉県千葉市の方へ

11/23に24ページも読んでくれた千葉県千葉市の方へ。たくさん読んで頂いて、どうもありがとうございます。

 

千葉と言えば「チーバくん」ですよね。それはもう当然、一緒に写真も撮ってます。

f:id:kensasano:20211124093302j:image

JR千葉駅も仕事で一度だけ行ったことがあります。エスカレーターが「異常に遅かった」のが印象的でした。その他にも「東京ドイツ村」という看板があり、ここは一体どこなんだ?とクラクラした記憶があります。

 

千葉市美術館にある「ちょい呑み処」も気になっていて、行きたいなと思っています。いつでも呼んでください。

blog.kensasano.tokyo

blog.kensasano.tokyo

人は、群れるとバカになる

人生で最も頭の悪い年代はどのあたりかと考えると、やはり「大学生」くらいだと思います。せっかく受験勉強で頭が良くなったのに、大学生活で群れることにより、一気にバカになります。

 

その証拠に、街中で大声で騒いでいるのは全員、群れている集団です。一人で騒いでいる人はいません。複数で集った途端、声が大きくなり、バカになるのです。

 

渋谷のハロウィンが分かりやすい例です。あそこで騒いでいるのは複数で来た連中です。しかも東京以外から。群集心理も働き、そこではバカなことをやっても許されると思い込んでいるのです。

 

一人で来ているコスプレ好きな人は騒ぎません。静かに来て、静かに過ごし、静かに帰ります。一人で騒いでいたら、頭のおかしい奴だと思われて、警察に連れて行かれます。

 

日本の大企業の業績がいまいち上がらないのも、群れることが原因だと思います。せっかく色んな大学から優秀な学生を採用しても、研修だなんだといって集団にして群れされるからです。

 

優秀な人間ほど孤独を好むので、これで嫌気がさし、やる気がなくなるのです。「みんな一緒」とか「全員平等」という枠にはめ込まれ、同期の中で浮くのを避けるようになります。

 

仕事が出来るかどうかは、ランチタイムを見ていたらすぐに分かります。仕事の出来ない人は大勢で道に広がってダラダラ歩いています。狭いお店なのにみんなで一緒に食べようとして、お店に迷惑をかけます。

 

それが良くないことだという感性が備わっていません。だから平気で迷惑な行動が出来るのです。その時点で即アウトです。

 

居酒屋でも同じです。大声で騒いでいるのはダメなサラリーマンの集団です。他にもお客さんがいるのに、まるで自分達しかいないかのようなはしゃぎっぷりです。

 

その隣で、同じような大学生の集団が騒いでいます。この子たちの数年後の姿が、そのサラリーマンの集団です。結局、何一つ成長していないのです。大学の飲み会のノリを、そのまま会社に入ってもやっているだけです。

 

人は、群れるとバカになります。感性が鈍くなり、声が大きくなり、迷惑な行為に気付かなくなります。そういうことを繰り返していると、どれだけ優秀な人間でも、ダメな人間に落ちぶれます。

 

そうなりたくなければ、まずは集団から抜け出して、一人で行動することです。すると、頭が良くなり、感性が鋭くなり、迷惑行為をしなくなります。結果的に、あなたに人とお金が集まってきます。

blog.kensasano.tokyo

blog.kensasano.tokyo

スタスタ歩くかチンタラ歩くかで年収が変わる

スタスタ歩く人は明確な目的がある人です。方向性が決まっていて、そこに向かって真っ直ぐ歩いています。姿勢が良く、前を見据え、最短距離を行きます。だからゴールという目的が達成されるのです。

 

チンタラ歩く人はどこに行くか決まっていません。猫背でキョロキョロし、あっちをフラフラ、こっちをフラフラしています。かなりの遠回りになっていることにすら気付いていません。結果的にどこにも辿り着けません。

 

スタスタ歩く人は仕事の出来る人です。どこに向かって、何をやるべきで、どうしたら目標が達成出来るかが明確になっています。

 

チンタラ歩く人は仕事の出来ない人です。そもそも何をやっていいのかが分かっていません。暇さえあればスマホをチェックしていますが、単なる時間潰しにしか過ぎません。それではいつまで経っても目標は達成出来ません。

 

ここから怖いことを言います。自分の歩いている姿は、自分には見えません。が、他人からはよく見えます。自分ではスタスタ歩いているつもりでも、チンタラ歩いているように見えている可能性もあるということです。

 

他人からスタスタ歩いているように見えるということは、よっぽど意識しておかないといけないということです。その為には普段から習慣付けをしておく必要がありません。

 

お金持ちはスタスタ歩く人がほとんどです。やりたいことが明確なのと、無駄なことを一切やらないからです。ゴールに向かって真っ直ぐ歩いています。

 

貧乏人はチンタラ歩く人がほとんどです。背中を丸めて、歩きスマホをしながら、人にぶつかりそうになりながらウロウロしています。

 

あなたもお金持ちになりたかったら、まずは歩き方を変えることです。街中に出るとよく分かりますが、姿勢良くスタスタ歩いている人は100人中1人です。その1人がお金持ちです。

 

その人の歩き方をまずは真似てみましょう。同じ方向なら、後ろを付いていく勢いで真似するべきです。そんなことを繰り返していると、自然と出来るようになります。

 

気付いたら、あなたが「真似される側」になっています。その頃には立派なお金持ちの仲間入りです。

blog.kensasano.tokyo

blog.kensasano.tokyo

読解力のない頭の悪い女に向けて書くと読みやすいブログになる

「笹野さんのブログは、読みやすいですね」とか「簡潔にまとまっているので、どんどん読んでしまいます」とか。「昨日は100記事くらい読んでしまいました」とか。週に5回は言われます。

 

当たり前です。私は、読解力のない、頭の悪い女に向けて、記事を書いているからです。

 

そんな人でも分かるように書いているということは。私のブログを自らの意思で、どんどん読んでしまうくら頭の良いあなたなら。そのブログを読んで、個別コンサルを受けてみたいと思うくらいセンスの良いあなたなら。読みやすいに決まってます。

 

よく言うのが、10歳の子供でも理解できる言葉で書きましょう、というアドバイスです。新聞やニュースの見出しでは、そのレベルでしか書きません。そうしないと、分かりにくいからです。

 

が、しかし。10歳の子供よりも、言語センスが劣っている大人が、ほとんどです。10歳の子供なら、毎日、学校で教科書を読みますが。月に一冊も本を読まない大人が、全体の46%です。

 

「LINEなら毎日やってます」と、反論する人がいますが。LINEのやり取りは、友達同士での「内輪の会話」です。第三者が見ても、何のことやら分かりません。それは、言語とは言いません。

 

大人に向けて、書くのであれば、よっぽど分かりやすく、丁寧に書いてあげないと、ほとんどの人は理解できません。

 

世の中の99%のブログは、LINEレベルで書いています。内輪ノリです。だから、クリックされないし、読まれません。

 

お客様のブログを見てみても、何が言いたいのか、よく分かりません。結局、個別コンサルの時に詳しく聞くことになるのですが、書いてあることと、全く違うことを平気で言ったりします。

 

そういう人に向けて書くと、ものすごく分かりやすくなるのは、当然のことです。そうするとスムーズに書けるようになり、集客に結び付きやすくなりますよ。

blog.kensasano.tokyo

blog.kensasano.tokyo