ブログ・アメブロ集客の方法とコツを女性専門に教えるコンサルタント笹野健

1日1分読むだけで、あなたもブログから集客できるようになります。14年間で4,000名以上の女性の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破しました。

女性起業家向けSNS集客や活用方法のコツ

ブログとインスタどっちが稼げるのか?

ブログとインスタどっちが稼げるのかを知りたい人向けの記事です。扱っている商品やサービス、商品の単価によって違ってくるので、ブログとインスタの使い分けが大事です。

「人気インスタグラマーになる方法」とか「副収入の増やし方」というSNSが多すぎる件

ブログ、インスタグラム、youtubeでよく見かけるのが「人気インスタグラマーになる方法」とか「副収入の増やし方」というアカウントです。あなたも一度くらい見たことがあると思います。 2022年時点で「人気インスタグラマーになる方法」も「副収入の増やし…

集客したいならメルマガもLINE@もやらなくていい

WEB集客する為にメルマガやLINE@を勧めるコンサルタントが多いですが、やらなくて大丈夫です。ネタも無い人がメルマガやLINE@を始めても集客には直結しません。

自分に合ったSNS集客ツールを選ぶ際のポイント2つ

SNSの選び方で悩んでいませんか?ブログ、ツイッター、インスタグラム、フェイスブック、ユーチューブはそれぞれ特性と属性が異なり、訴求したい顧客によって使い分ける必要があります。

個人がSNS集客する方法や、成功事例、コツを教えてください

個人がSNS集客する方法や、成功事例、コツについて悩んでいる人が多いので、実例が見れるページをまとめてみました。個人でもSNS集客できるようにアドバイスします。

Zoomを使った集客方法を教えてください

Zoomを使った集客方法を教えてくださいと質問されることが、コロナ以降増えましたが、Zoomを使ったからといって、集客できたりセールスが上手くいく訳ではありません。

お店のSNSが宣伝の逆効果になるパターン2つ

お店のSNSが宣伝の逆効果になるパターンがあります。世界観が強すぎて怖い時とSNSでは明るいのに接客が塩対応の時です。お客様を怖がらせない為にも自然体がベストです。

1円もかけずにネットで集客する方法

1円もかけずにネットで集客する方法を知りたくないですか?個人がSNSを使ったネット集客のコツを教えて13年以上経つプロが、あなたに適した方法を教えます。

ヨガインストラクターがフリーランスとして独立後「その他大勢」から抜け出す方法

ヨガインストラクターとして資格を取り独立したものの、儲からないという悩みはありませんか?その他大勢の同業者から抜け出す方法を、ブログの書き方と共に解説します。

SNSを使ったファン作りの方法を教えてください

SNSを使ったファン作りが盛んです。ファン作りは接客やビジネスに大事だと書いている本は多いですが、実際はどうなのでしょうか?SNS活用のプロが実情を教えます。

小室圭さんネタはPVが稼げる

これはネットニュースの編集者が実際に言っていた言葉です。 帰国、記者会見を待てずにニューヨークでの様子を撮影したり、勤務先の法律事務所を割り出したり、各メディアが必死になっているのはこのせいです。 どんな時代でも、その時その時で「トレンド」…

【2021年版】リアル店舗のSNS事情

民藝に興味を持ち始めて以来、うつわ屋さんや雑貨店のSNSを見る機会が増えた2021年ですが。圧倒的に多いのが「ホームページとインスタグラムだけ」というパターンです。 個人で活動している陶芸家の方は、インスタグラムだけやっているという人も多く、いず…

SNSの炎上が怖いので対策を教えてください

これからSNSを始めたいという人から「SNSの炎上が怖いので対策を教えてください」と、相談されました。 大丈夫です。何も怖くありません。そもそも、あなたのSNSは、今の段階では誰にも読まれていません。批判する人もいないし、炎上することもありません。…

SNSに関する無駄な時間を減らすと仕事が上向く件

隙間時間があるとすぐにスマホを手に取り、一日中SNSをチェックしている人がいますが、そういう人で仕事の出来る人はいません。 ホリエモンは著書やインタビューの中で隙間時間を有効に使う為に常にスマホを見ていると言っていますが。それはホリエモンだか…

他人の受け売りを自分のSNSに書く人が多い

「これ、どこかで見たな」とか「この人も同じこと書いてるよ」と思うアカウントは総じてこの傾向が強く、個人的にはとてもダサいなと思います。 こういうアカウントは、実体験が伴っていないので、文章が軽くて薄っぺらいです。借り物だらけのつぎはぎだらけ…

Yahooのコメント欄には自己顕示欲の強い人が多く集まる

News Picksも多いですが、より一般的なYahooニュースの方が説明しやすいかと。 どの記事にもコメント欄があり、そこには誰でも書き込めます。匿名で書く人も多いですが、公認マークが付いている人が、別に誰も頼んでいないのに「私は専門家である、どやっ!…

インスタグラムのアカウントを作って満足しているお店や個人が多い

そこが「ゴール」だと思っているのかもしれませんが、それだけではまだ始まってもいません。ようやく「スタートラインに立った」に過ぎません。そういう意識が大事です。 先日も、雑貨店をやっている方からSNSの活用法についてアドバイスを求められました。…

SNSで情報発信するなら「自分なりの意見」を書こう

ほとんどの人は、他人の受け売りであったり、どこかで誰かの発言を見つけ、それを引用しているだけです。それは情報発信とは言いません。ただの「転送」です。 Twitterでよく見かけるのが「リツイート」ばかりしているアカウントです。他の人の投稿をあたか…

Facebookが嫌いです

「Facebookが嫌いです」と言う人がとても多いです。 特に親しい訳でもないのに、たまたま地元が一緒だからとか、学校が同じだからといった理由だけで友達の申請が来て、何の興味も無い写真を見せられ、知りたくもない情報を知らされ、何となくいいねを押さな…

お客様に伝わらないのは全て自分の責任

お客様に伝わらないのは全て自分の責任だと「謙虚」に考えれるようになると、具体的な解決策が見つかります。 【執筆者:笹野健】 (女性専門のブログ集客コンサルタント。2009年に起業して以来、13年間で3,900名以上の女性の相談に乗り、アドバイスしたお客…

民藝店や雑貨店の残念なSNSの使い方

相変わらず民藝にハマっていて、お店のインスタグラムを頻繁に見たり、直接足を運んだりしているのですが、残念だなと思うのが、置いてある商品を全く紹介しきれていないことです。 新入荷の商品については、積極的に紹介しているお店が多いです。が、買う側…

コロナで暇な間にブログやSNSの見直しをしよう

多くの人がコロナで暇になり時間が余っています。そこで何をするかで、コロナ騒動が終わった時の「再スタート地点」が違ってきます。 以前にも書きましたが、こういうことが現実に起こっているのです。 blog.kensasano.tokyo あなたは今、ブログを筆頭にSNS…

店名がカタカナの時点で覚えれる気がしない

飲食店に多いのですが、これをやることにより、お客様との心の距離はグッと広がります。店名よりもシェフやオーナーの名前で覚えられるので、結局、店名って何なんだろう?ということになり、検索もしてもらえません。これでは「本末転倒」です。 リ・ カー…

Twitterにはその人のセンスや思考が如実に現れる

・どんなことをつぶやくのか ・どんな投稿をリツイートするのか ・どんな投稿にいいねするのか ・どんな人をフォローしているのか この4つを見るだけで、その人のセンスや思考、宗教観や言語能力まで全て分かります。そういう意味でもTwitterは貴重なツール…

SNSは芸能人が参入した時点で素人に勝ち目は無くなる

SNSは芸能人が参入した時点で、素人に勝ち目は無くなります。ブログもTwitterも、インスタグラムもyoutubeも。全て芸能人に「駆逐」され、今や素人が勝てる要素は、ほぼ残されていません。これが恐ろしいまでの現実です。 ブログをどれだけ頑張って更新して…

集客法と謳いながら操作法しか教えないコンサルタントが多い

「他のコンサルタントに指導してもらったのですが、全く成果が上がりません」と嘆く方が、私の元には多く来ます。 どんなことを教えてもらったのですか?と聞くと、集客法でもなんでもなく、ただの「操作法」だったりします。それでは集客できないのも当然で…

「youtubeで一発逆転」とか無理だから

ここ数年「ユーチューバーになって人生一発逆転したい」と真顔で言っている人をよく見かけるので、大丈夫かな?と少し心配になります。 あなたが投稿した動画が、奇跡的に多くの人に見られたからといって、それだけで稼げるようになる訳ではありません。yout…

大丈夫。誰もあなたに興味ないから

ネット上で情報発信するとなると、急に不安になったり、心配したり、気を使い始める人がいます。 ・誰に見られているか分からない ・下手なことを書けない ・こんな風に思われたらどうしよう? というようなことを延々と気にしていますが。そういう人には、…

売れる通販サイトの作り方

「通販サイトを作ったものの、思うように売れないんです」という相談をよく受けますが、プロが見れば、一瞬で分かります。売れるか売れないか。どこが悪いのか。そこを改善すれば売れるようになります。 特に多いのは、こういう問題です。 ・必要な情報が足…

ググる割合は世代によって違う

気になる行動があった時の行動として「ブラウザで単語検索する」と回答した割合は、Z世代で67,7%、ミレニアル世代で71,8%だと、この記事に載っていました。 www.itmedia.co.jp ちなみに「Z世代」というのは、1996~2015年生まれを指し、年齢でいうと6歳〜25…