女性起業の成功例と売上アップの集客方法・アイデア集【2023年最新版】

アフタヌーンティー・ティールーム、イベント運営会社、ネット通販会社を経て27歳で独立。14年間で4,000人以上の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破。トヨタ自動車のサイトでの執筆やYahoo!ニュースへの掲載多数のマーケティングコンサルタント笹野健によるブログです。

お金の話を後回しにせず、先にする人は信頼される

お金の話はなかなかしにくいです。本当はしないといけないけれど、どう切り出していいのか分からず、あれこれ考えている間ずっとストレスが溜まります。ようやく言えたと思ったら「高いですね」と言われて断れたりします。それで余計にお金の話が億劫になるのです。

 

それならいっそのこと、お金の話を先にすれば良いのです。そうすれば、値段だけで判断する人は自然と去っていきます。そうではなく、もう少し詳しく聞きたいとか、あなたに興味を持っている人なら、それ以降の話にも付き合ってくれます。

 

ホームページやブログの商品・サービス紹介の記事に料金を書いていない人が多いです。料金が明示されていないと「怪しいな」とか「ぼったくられるのかな」という気になります。お寿司屋さんで「時価」と書いてあると、怖くて入れないのと同じです。

 

そう思われるのを回避する為に、私は個別コンサルの詳細ページの「先頭」に料金を明示しています。これなら「料金が不明で怖い」と思われることはありません。言いにくいことほど、先に言う方が、信頼関係は結びやすいのです。

 

コンサルタントに頼る人の心理を解説すると「いくらかかって、いくら儲かるのか」に尽きます。それが先に分かれば、後はもう相性や好みの問題でしかありません。その方が売りやすいのです。

 

うちのお客様に実験してもらいました。自宅サロンのホームページで、料金を先に書くのと、後で書くのと、全く書かないのと、一週間ごとに変えてもらい、売上のデータを取りました。すると、料金を先に書いた方が、サイトの滞在率もPVも上がり、売上も増えました。ちなみに全く書かなかった週は、一件も予約が入らなかったそうです。

 

まとめます。日本人はお金の話を下品だとか、はしたないものだと思い、避けがちですが、値段が分からないものは単純に「怖い」ので買えません。それなら先に言ってしまった方が、お互いに楽です。

 

お金の話ばかりする人は嫌がられますが、言いにくいお金の話を後回しにせず、先にする人は信頼されます。これをあなたのサイトやブログに適用してみてください。きっと売上が増えるはずです。

→起業後の集客・アイデア・成功のコツ

→個別コンサルの料金と詳細