女性起業の成功例と売上アップの集客方法・アイデア集【2023年最新版】

アフタヌーンティー・ティールーム、イベント運営会社、ネット通販会社を経て27歳で独立。14年間で4,000人以上の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破。トヨタ自動車のサイトでの執筆やYahoo!ニュースへの掲載多数のマーケティングコンサルタント笹野健によるブログです。

キラキラ起業女子のお茶会が「地獄」でした

「キラキラ起業女子のお茶会に参加したことがあるのですが、まさしく"地獄"でした」という方が、個別コンサルを受けに来てくれました。

 

都内の一流ホテルのラウンジで「お茶するだけ」なのに、アフタヌーンティーセットで約7千円+サービス料15%を支払ったとのこと。メニューの決定権はなく、ほぼ強制的にそれが注文されたそうです。

 

それぞれの自己紹介をした後はずっと主催者が話し続け、周りの取り巻きが「えぇ〜すご〜い!」と相槌を打ち、まるでコントのような展開に。いいかげん飽きてきた頃、その会の説明が始まり、何十万円もするコンサルを受けた方がいいと熱心に勧誘を受けて「ものすごく怖かったです・・・」と言っていました。

 

「これはダメだ」と思い、用事があると嘘をついて逃げ出してきたそうですが、高額な料金を支払って、退屈な時間を過ごし、後悔しか残らなかったというのが、正直な感想だそうです。

 

実を言うと、こういう体験をしたという人の話を聞くのは、これが初めてではありません。もう何回も何十回も聞いています。コロナ禍でさすがに減りましたが、コロナ前はとても多く、最近はまた増えてきているのかもしれません。

 

こういう思いをしたくなければ、実際に参加している人のブログやSNSを事前にチェックすることです。「憧れの○○さんのお茶会に参加してきました!」みたいな投稿を読めば、いかに中身が無くて、内容が空っぽだったか、よく分かると思います。

 

ホテルやラウンジの写真、参加者の写真、食べ物や飲み物の写真ばかりで、本文に「具体的な記述」が無いということは、大した話はしていないということです。「勉強になりました〜」と一応書いていても、それが何かということまでは書いていません。何も得るものがなかったからです。

 

ブログやインスタグラムに写真を載せる人が増えてから、ホテルのラウンジが「荒れ」ました。昔は本当のお金持ちか詐欺師しかいなかったのですが、SNSに写真を「アップしたガール」が多くなり、お金持ちはその雰囲気を嫌がって来なくなりました。

 

結局残ったのは、詐欺師と、ホテルに不釣り合いな「残念な女」だけです。そういう人から効率良く稼ぐために、バカ高いコーヒーとアフタヌーンティーセットが提供されているのです。

 

改めて言っておくと、お茶会に参加しただけで、あなたの人生が「良い方向」に変わることはありません。主催者やその取り巻きは、あなたに何かしら売りつけようとしているか、あなたからお金を巻き上げようとしているかのどちらかです。そのことに早く気付きましょう。

→起業準備中・起業したい人向けの記事

→個別コンサルの料金と詳細