女性起業の成功例と売上アップの集客方法・アイデア集【2022年最新版】

アフタヌーンティー・ティールーム、イベント運営会社、ネット通販会社を経て27歳で独立。14年間で4,000人以上の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破。トヨタ自動車のサイトでの執筆やYahoo!ニュースへの掲載多数のコンサルタント笹野健によるブログです。

コンサルタントが継続的に仕事を受注する方法

コンサルタントが継続的に仕事を受注するには「お客様を儲けさせる」ことが第一です。そうすると、口コミとリピートが発生し、商売として長く続くからです。その為にはどうすればいいのか?知恵を絞りましょう。

 

私ならこう考えます。

① どんな人なら売上が伸びやすいだろう?

② こんな人じゃないかな?

・素直な人

・話を聞く集中力のある人

・読解力の高い人

・向上心のある人

・成長したいと思っている人

③ そんな人を集めるには、ある程度の分量の文字情報を発信して「選別」するのが効率良いな

 

こういう「戦略」のもと、日々のブログを書いています。これなら、話が聞けなくて、読解力が低く、やる気の無い人=売上が伸びにくい人は来ません。相談に来るのは「伸びる可能性の高い人」だけになります。そこで的確なアドバイスが出来れば、儲かる人が増えます。

 

人は、自分を得させてくれる人が好きです。得させてくれた人のことなら、喜んで他人に紹介したり、また買ってくれたりします。これで口コミとリピートが発生するのです。

 

このように、自分の利益が最大化するには、どんな人を集めれば良いのかを考えることです。そうすると、情報の出し方が決まってきます。

 

例えば痩身サロンをやっているなら「痩せやすい人はどういう人か?」を考えましょう。アドバイスを素直に聞けて、コツコツ努力できる人なら、痩せることが出来ます。そういう人を集めるには、どうすればいいのか。そこを考えて情報発信していけば良いのです。

 

この痩身サロンでダイエットに成功する人の傾向として「アドバイスを素直に聞けて、コツコツ努力できる人です」と書けば、それ以外の人は来ません。そこで「選別」が出来るので、より成果が出やすくなります。

 

よくあるのが、目先の利益を追求して、痩せない人を集めてしまうパターンです。巷でよく見かける「〇〇だけダイエット」とか「誰でも簡単に」というキーワードを書くと、そういう人が集まります。

 

一瞬だけ賑わいますが、痩せない人(ダイエットに成功しない人)ばかりなので、満足度は低いです。そのうち「あそこでは痩せない」というマイナスの口コミをされたりします。

 

これはどんな業種でも使える考え方です。無理なく、楽に成果を出しやすいのはどんな人か。それを日々考えておきましょう。そこが決まれば、あなたの情報の出し方がもっとハッキリするはずです。

→コンサルタント養成講座の詳細