女性起業塾や女性起業セミナーは怪しい、やばい、辞めたいと思っている人へ

女性起業塾や女性起業セミナーに通って失敗したなという人、ママ起業コンサルの相場を知りたい人、キラキラ起業女子は気持ち悪いけど末路が気になるという人にとっては参考になるブログです。

ノーマルな人より「ド変態」の方がモテるのはなぜか?

はっきり言って、変態はモテます。そこには確実に「需要」があり、その人にしか出来ないことがあるからです。つまり「希少価値が高い」ということです。

 

モテない人がなぜモテないかというと「特徴がないから」です。特徴がないのであれば、その人でないといけない理由がありません。他の人でも代用できます。だからモテないのです。

 

ノーマルなセックスなら誰でもできますが、アブノーマルなプレイや特殊なプレイになると、できる人は限られてきます。ごく一部の「マニア」からすると、有り難い存在であり、そこに需要が集中します。SMクラブはどこも高額です。歌舞伎町のお店の料金を調べたら、180分で49,000円でした。それでも「喜んで」払う人が、世の中には確かに存在するのです。

 

これをビジネスに置き換えてみましょう。あなたの売っている商品やサービスは、ノーマルです。他の人も売っています。特徴もこれといってありません。だから売れないのです。

 

女性の多くは、他人が既にやっている商売をやりたがる傾向にあり、本屋さんで見たり、ネットで見かけた人のことを真似します。同じような商売を、同じような人を相手にして始めるのですが、先行者ほど売れません。その他大勢の同業者と見分けがつかなくなり、最終的には「価格競争」に陥ります。で、早々に辞めていくというのが、典型的なパターンです。

 

これだけ商品やサービスのレベルが上がり、市場も飽和状態になり、人々の価値観が多様化しているのです。よっぽどの特徴が無い限り、お客様は反応してくれません。どこに反応するかと言うと「変態的」な部分です。

 

行列のできるラーメン屋さんの店主は、ひとり残らず変態です。スープの研究に10年も費やしたとか、麺を打つのに朝の3時から起きているとか、常軌を逸しています。そこに顧客が反応しているのです。

 

念の為に言っておきますが、アブノーマルなプレイをしろとか、ラーメン屋になれという話ではありません。あなたには、あなたにしかできないことがあり、それを活かせば、今よりは上手くいく確率が高くなりますよ、という話です。

 

それは一体何なのか。どうすれば見つかるのか。見つかったとして、どう活かしていけば良いのか。私の個別コンサルでは、そんな話ばっかりしています。

→恋バナや恋愛話に見せかけたビジネス論

→個別コンサルの料金と詳細