女性起業の成功例と売上アップの集客方法・アイデア集【2022年最新版】

アフタヌーンティー・ティールーム、イベント運営会社、ネット通販会社を経て27歳で独立。14年間で4,000人以上の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破。トヨタ自動車のサイトでの執筆やYahoo!ニュースへの掲載多数のマーケティングコンサルタント笹野健によるブログです。

初心者がブログで新規客を獲得、増やす方法

「ブログで新規客を獲得、増やす方法を教えて下さい」と、ブログ初心者の方に個別コンサルでよく聞かれます。

 

ブログで新規客を獲得するには「売ろう売ろう」としないことです。そんなブログよりも、お客様の「役に立とう」とする方が、圧倒的に売れるようになります。

 

デパ地下やスーパーの試食コーナーで、押し売りされると、嫌な気持ちになります。余りにも商売っ気が強すぎると、引いてしまいます。

 

同じことを、ブログでやっている人が多いです。「リアルでされて嫌なことは、ネットでもやらない」ことです。

 

試食を薦めてくれて、こちらが買う気がなくても、あれこれ教えてくれる人もいます。どんな食材と合わせれば良いか。日持ちはどのくらいするか。そんな風に言われると、一つくらい買っても良いかなと思います。

 

人はネットで検索する時、何かしらのヒントや答えを探しています。欲しいのは、そのヒントや答えです。商品やサービスを買いたい訳ではありません。ましてや、売られたいとは思っていません。

 

売れるか売れないかは、あくまで「結果」です。お客様は、自分にとって有益な情報を与えてくれた人に対して好意を抱き「結果として購入」するのです。そんな人に対して、やたら売ろう売ろうとするから、余計に嫌われるのです。

 

売ろうとする人からは人が離れていきます。役に立とうとする人のところには、人が寄ってきます。お金というのは、人が運んできます。人が寄ってくるということは、お金も寄ってくるということです。

 

【まとめ】

・「売ろう」とせずに「役に立とう」と思うこと

・お客様が最も嫌がるのは「売られる」こと

・それをブログでやっている人が多い

・売れるか売れないかは結果に過ぎない

・役に立とうという人のところには人が集まってくる

・人が集まってくるところにはお金が集まる

→【2022年最新版】ブログ集客のコツ、方法、書き方

→個別コンサルの料金と詳細