女性起業の成功例と売上アップの集客方法・アイデア集【2023年最新版】

アフタヌーンティー・ティールーム、イベント運営会社、ネット通販会社を経て27歳で独立。14年間で4,000人以上の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破。トヨタ自動車のサイトでの執筆やYahoo!ニュースへの掲載多数のマーケティングコンサルタント笹野健によるブログです。

ブログにはどこまで書いていいのですか?

「ブログにはどこまで書いていいのですか?」と個別コンサルで、たまに質問されます。出し惜しみせず、全部書けばいいのです。

 

私は「手の内」を随分と明かしています。隠し事は一切ありません。個別コンサルで聞かれたことや、セミナーでよくされる質問を回答と共にそのままブログに書いてます。

 

だから、このブログを丹念に読んで、それをそのまま実行に移せば、それだけでアクセスは増えるし、ブログ集客もできるようになります。

 

が、そういうことをする人は、滅多にいません。適当に数ページだけ読んで「読んだ気」になっているのです。

 

で、ここから大事な話をします。人は、少しでも有効な情報を得ると、もっと欲しくなります。「もっともっと欲しい!」とか「他にまだあるんじゃないか?」と思うように、脳が設計されているのです。

 

しかも、そう思っている時は、脳が「快」の状態になっているので、欲求が止まることがありません。ここがポイントです。

 

有益な情報を無料で出しても、お金を出してその先を買う人は、たくさんいるのです。正確にいうと「買わざるを得ない状態」になる人が、どんどん出てきます。それを分かっているので、私は何でも全て書いてます。

 

「続きはWEBで」とか「申込み後に全て教えます」というのは、実力と自信のない人がやることです。そうしないとすぐに「ネタ切れ」になるからです。

 

実力と実績のある人は、ネタが尽きません。毎日のようにお客様と接しているので、どんどん出てきます。それを見て、また新しいお客様がやって来ます。

 

まとめます。あなたの書ける情報は、出し惜しみせずに、全て書きましょう。そうしないと、実力がないんだなとか、自信がないんだなと思われて終わりです。

 

大丈夫。出し切れば出し切るほど、ネタは入ってきます。世の中、そういうもんです。

→【2022年最新版】ブログ集客のコツ、方法、書き方

→【顧客実績日本一】個別コンサルの料金と詳細