女性起業の成功例と売上アップの集客方法・アイデア集【2022年最新版】

アフタヌーンティー・ティールーム、イベント運営会社、ネット通販会社を経て27歳で独立。14年間で4,000人以上の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破。トヨタ自動車のサイトでの執筆やYahoo!ニュースへの掲載多数のコンサルタント笹野健によるブログです。

人の心理を見抜けると、お金儲けは簡単になる

人間というのは、聞いてほしくて、褒めてほしくて、認めてほしくてたまらない生き物です。だから、聞いてあげて、褒めてあげて、認めてあげる人のところには、人が殺到するのです。この仕組みが分かっていると、お金儲けは簡単になります。

 

流行っている占い師や、クリニックの先生は、ほとんど喋りません。「ふんふん」と頷いているだけです。自分の話を聞いてほしくて、わざわざ相手が来ているということを、よく分かっているからです。

 

喋らせるだけ喋らせて、最後に「まとめ」を言います。そうすると相手は「この人、凄い!」と勝手に勘違いしてくれます。

 

何も凄くありません。全部、自分で喋っているのです。話すことに夢中になっているので、本人は気付いていません。あれもこれも当てられたとか、全て分かってくれるとか思い込みます。そうすると、また来てくれます。楽な商売です。

 

実を言うと、私もこれをやっているだけです。相談に来る人は、話を聞いてほしくてほしくて、たまらない人ばかりです。一人で悶々としていて、周りに相談できる人がいません。

 

ネットであれこれ探していたら、ようやく見つけました。前日の夜からワクワクしています。あれも話そう、これも話そう。そんなことを考えていると、なかなか寝れません。

 

いざ対面してみると、意外と普通の人です。思っていたより穏やかで、話しやすいです。そうすると、どんどん話したくなります。私は口を挟まずに「ふんふん」と頷いているだけです。

 

区切りの良いところで、一旦まとめます。聞いた話を整理して、編集しただけです。それで仕事の「9割」は終わりです。後は方向性を示してあげたら、もう他にやることはありません。楽な商売です。

 

聞いている時点では、絶対に否定はしません。良いなと思ったことは褒めるし、徹底的に個人として認めてあげます。それをやるだけで、この仕事は成り立つのです。

 

下手なコンサルタントやカウンセラー、売れない占い師やクリニックの先生は「自分の型にハメよう」とします。話を聞くより、話そうとします。それは相談者からすると「ストレス」です。せっかく聞いてもらいに来ているのに、聞く羽目になるとつらいです。もう行きたくなくなります。これで仕事が途切れるのです。

 

世の中には聞いてもらいたい人ばかりです。99,9%はそうだと思って、間違いありません。あなたがたった0,01%の聞く側に回れば、それだけたくさんの顧客が、この世にはいるということです。そのことに気付いた人から順に、お金持ちになるようになっているのです。

→起業後の集客・アイデア・成功のコツ

→個別コンサルの料金と詳細