女性起業の成功例と売上アップの集客方法・アイデア集【2023年最新版】

アフタヌーンティー・ティールーム、イベント運営会社、ネット通販会社を経て27歳で独立。14年間で4,000人以上の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破。トヨタ自動車のサイトでの執筆やYahoo!ニュースへの掲載多数のマーケティングコンサルタント笹野健によるブログです。

人は感情で買うかどうかを決め、後から理屈で正当化する

人は感情で買うかどうかを決め、後から理屈で正当化します。ブランド物で考えると、分かりやすいと思います。

 

ふらっと入った銀座のショップで、気になるバッグを見つけました。持ってみて鏡で確認すると、とてもかわいいです。値段は40万円します。どうしようかな?と考えますが、在庫が残り一点しか無いと言われ、余計に欲しくなります。他にもバッグはありますが「やっぱりこれが欲しい。えぇ〜い買っちゃえ!」と、勢いでカードを切ります。

 

帰ってきて、バッグをしげしげと見つめながら、思いっきり正当化します。

・このバッグは私に相応しい

・このバッグに負けないくらいの、いい女になればそれで良い

・こんな高価なバッグを買える私は、とても素晴らしい 

・この服にもあの服にも合う

・他のバッグとは「格」が違う

・カードの支払いは大変だけど、他のところで節約すれば大丈夫

こんな風に、自分に都合の良い理由が、次から次へと出てきます。

 

ブランド側は、そういう顧客心理を、よく理解しています。だからこそ、高額な値段設定をしているのです。店員さんもプロです。本人の安月給では買えませんが、どんな人が買うか、どういう言葉を発したら買うか、そこはよく分かっています。「どうしようかな〜?」が出たら、9割は買うということを、経験上知っているのです。

 

世の中にある異常に高額な商品は、全てこの法則を応用しています。宗教のお布施や、怪しい情報商材。効果のよく分からない健康食品や、美容関連の商品。これらは全て、人の感性に訴えかけ、正当化する理屈を用意しています。

 

こういうことが分かれば、あなたが詐欺に遭うことはありません。くれぐれも悪用しないように。

→起業後の集客・アイデア・成功のコツ

→個別コンサルの料金と詳細