女性起業の成功例と売上アップの集客方法・アイデア集【2022年最新版】

アフタヌーンティー・ティールーム、イベント運営会社、ネット通販会社を経て27歳で独立。14年間で4,000人以上の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破。トヨタ自動車のサイトでの執筆やYahoo!ニュースへの掲載多数のコンサルタント笹野健によるブログです。

価値と価格が一致しなくて売れない2パターン

個別コンサルに来る人のサイトやブログを見ていて、価値と価格が一致していないことが原因で、売れてないなと思う人がいます。以下の2パターンです。

① 価値が低いのに、異常に高い価格で売っている人

② 価値が高いのに、異常に安い価格で売っている人

 

まず① 価値が低いのに、異常に高い価格で売っている人ですが、起業初心者によく見られる傾向です。起業塾や起業コンサルタントに「自分を高く売りなさい」と教えられた通りにやっているのですが、残念ながら、現時点でそれほどの価値がありません。

 

それにも関わらず、異常に高い価格で売っているので、お客様からすると「この人、大したことないのに、高すぎる」と思われ、売れなくなっているという状態です。

 

こういう人は、SNSやブランディングの前に、価格に見合うように、商品やサービスの価値を高めることを優先するべきです。SNSやブランディングのことは一旦忘れて、そこに「没頭」すればするほど、売れる確率は高まります。

 

次に② 価値が高いのに、異常に安い価格で売っている人ですが、自信の無い人やお金を稼ぐこと自体に抵抗感のある人に多いです。「良いものを安く提供する」のは素晴らしいことですが、あまりにも安すぎて、自分自身の生計が立たなくなったり、売っても売っても稼げるようにならないのは「本末転倒」です。

 

せっかく付加価値の高いものを売っているのに、価格が安すぎると「大したことないのかな?」とか「まだ始めたばかりなのかな?」と勘違いされることもあります。それを防ぐ為にも、適切な価格をつけるべきです。

 

利害関係のない他人に客観的に見てもらい「いくらなら払っても良いと思うか」を聞いてみましょう。そこで「一番高い金額」を言った人を基準に考えれば、今よりも適切な価格設定が出来るはずです。

 

価値と価格というのは、連動しています。どちらかが高すぎたり、低すぎると「違和感」が生じ、買う側にとってはストレスになります。結果として「やめておこう」となるのがオチなので、もう少し気にしておきましょう。それが今よりも売れるようになるコツです。

→値上げしても売れる方法まとめ

→個別コンサルの料金と詳細