女性起業の成功例と売上アップの集客方法・アイデア集【2023年最新版】

アフタヌーンティー・ティールーム、イベント運営会社、ネット通販会社を経て27歳で独立。14年間で4,000人以上の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破。トヨタ自動車のサイトでの執筆やYahoo!ニュースへの掲載多数のマーケティングコンサルタント笹野健によるブログです。

売上に直結する集客・検索キーワードの選び方と記事タイトルへの使い方

「笹野さんのブログは記事タイトルを見ているだけで面白くて、ついついクリックしてしまいます。どうすればそんな風に出来るのですか?」と、個別コンサルで聞かれました。コツは、既に世の中に出ているキーワードを「流用」することです。

 

やり方は簡単です。お住まいの地域の出来るだけ大きな本屋さんに行って、あなたのお客様が手に取りそうな本のタイトルを、片っ端からスマホにメモしましょう。それを少しだけ変えて使えば、面白くてクリックされやすい記事タイトルが楽に出来上がります。

 

例えば、スキンケアクリニックをしている方であれば、肌の悩みに関する本が置いてあるコーナーに行きましょう。たくさんメモしていると気付きますが、同じようなキーワードが使われています。

・肌老化

・美肌

・すっぴん

・老けない習慣

・肌ツヤ

これらを使って記事タイトルを作れば、お客様の興味を惹く記事が楽に量産できます。

 

近くに本屋さんがない場合は、Amazonでも同じように出来ますが、本屋さんの方がバラエティに富んでいる場合が多いので、同業者との差が付けやすいです。

→Amazon スキンケア本 売れ筋ランキング

 

私の場合でいえば、起業や独立開業、フリーランス、ネット集客のコーナーに行き、タイトルをせっせと集めています。ちなみにこの記事の元ネタは「ネットでの売上に直結する集客・検索キーワードの選び方・使い方」という本のタイトルです。

 

本のタイトルに採用されているということは、その出版社の企画会議に通っているということです。本屋さんに置かれているということは、少なくとも誰かが一冊は買ったか、買う可能性があるということです。

 

それをそのまま使わせてもらえば、自分の頭で考えるよりも、はるかに精度の高いタイトルが付けれるという、シンプルな理論です。

 

真面目な人は、他人のアイデアを使うことに躊躇するかもしれませんが、気にしなくて大丈夫です。そもそも、現在売られている本のタイトルのほとんどが、以前に売れた本のパクリです。そのことが本屋さんの売り場に行けばよく分かります。

 

ネットになると、もはや「パクリのオンパレード」です。私が考えたタイトルも随分と真似されましたが、別になんとも思いません。それだけ「心を動かした」と思うようにしています。

 

タイトルの付け方というのは、コツを覚えれば簡単です。それを知らないと、ものすごく時間がかかります。あなたの「本業」は、ブログの記事タイトルを考えることではありません。そんなことに時間を取られないように、本業に集中できるように、工夫しましょう。

→【2022年最新版】ブログ集客のコツ、方法、書き方

→個別コンサルの料金と詳細