女性起業の成功例と売上アップの集客方法・アイデア集【2022年最新版】

アフタヌーンティー・ティールーム、イベント運営会社、ネット通販会社を経て27歳で独立。14年間で4,000人以上の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破。トヨタ自動車のサイトでの執筆やYahoo!ニュースへの掲載多数のマーケティングコンサルタント笹野健によるブログです。

好きなことや得意なことで起業して本当にやっていけるのか?

好きなことで起業しよう!とか、得意なことを仕事にしよう!とか。言う人も多いし、それが素晴らしいことのように思われています。で、肝心なのは、それで本当にやっていけるのか?ということです。

 

結論から先に言います。「お客様がいれば」やっていけます。これ、ものすごく大事なことですが、ほとんどの人は、あまり考えていません。

 

大事な話をします。仕事もお金も、お客様から来ます。図にするとこうです。

 

 ・お客様(仕事・お金)→あなた

 

この矢印の向きは、永遠に変わりません。ということは、お客様がいない限り、仕事としては成り立ちません。いくらあなたが好きなことや得意なことを仕事にしても。お客様が「欲しい」と思わないと、仕事もお金も入ってこないのです。

 

だから、好きなことや得意なことを仕事にする前に、よく考えたり調べたりしましょう。お客様がいるか、いないか。もし、いないのだとしたら、どこにいるのか。どうやったら、必要だと気付いてもらえるのか。そこを徹底的に考えましょう。

 

これができるのは「100人中1人」です。だから、それさえやれば、あなたはとても簡単に、最高のスタートダッシュを切れます。 

 

それともう一つ大事なことを。好きなことや得意なことで、仕事を始めるのは良いのですが。それが「一定以上のレベルに達している」ということが最低条件です。

 

いくら好きでも、下手な人には仕事は来ません。サッカーが好きだからといって、サッカー選手になれる訳ではありません。スポーツなら理解できるのに、仕事になると理解できない。そういう人が、とても多いです。

 

好きなことや得意なことを一定以上のレベルに上げたければ。そのことに対して、時間とお金と労力を使うことです。プロなら、当たり前のように、みんなやっています。

 

それすらやらずに「良い部分」「楽な部分」にだけ注目し、すぐに稼げると思い込んでいる人や、それを煽る本がとても多いです。だから、みんな失敗するのです。

→起業準備中・起業したい人向けの記事

→【顧客実績日本一】個別コンサルの料金と詳細