女性起業の成功例と売上アップの集客方法・アイデア集【2023年最新版】

アフタヌーンティー・ティールーム、イベント運営会社、ネット通販会社を経て27歳で独立。14年間で4,000人以上の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破。トヨタ自動車のサイトでの執筆やYahoo!ニュースへの掲載多数のマーケティングコンサルタント笹野健によるブログです。

小説を読む最大のメリットは人の心の痛みが分かること

「小説を読むべき理由やメリットって何なんでしょうか?」と、普段は滅多に本を読まないという人から質問されました。最大のメリットは「人の心の痛みが分かること」です。これだけでも充分に効果があります。

 

人間が一生のうちに経験できることなんて、たかが知れています。小説を読むことで、知れる世界の幅が何倍にも広がります。普通に生きていたら絶対に出会わないような登場人物と、小説の中でなら出会えます。これが大きいのです。

 

ものすごくお金にだらしない人、異性を騙すことに必死な人、異常なくらい何かに依存している人、アル中、ヤク中、経営者、詐欺師、ヤクザ、警察、公安、スパイと実に色んな人が出てきます。そういう人が、どういう時にどんなことを考え、どう行動するのか。それを知っておくと、実生活でトラブルが起こっても、すんなりと対処できます。

 

高学歴のエリートがたまに犯罪を犯したり、不祥事を起こして捕まりますが、そういう人の共通点は「小説を読まずに生きてきた」ということです。どれだけ頭が良くても、人の気持ちが分からないので、平気で嘘をついたり、人を騙したり、ズルいことが堂々と出来てしまうのです。

 

小説というのは、読んでいる間に、登場人物に感情移入し、想像力を膨らませ、相手の立場になって物事を考えています。これが自動的に「訓練」になるので、読めば読むほど他人の気持ちに「敏感」になれます。そういう人が好かれるのは、ごく自然なことだと思います。

 

読むのに時間がかかる。読むのが面倒。何の為に読むのか、メリットがいまいち分からない。そう言われることの多い小説ですが、実はこんなメリットがあるのです。

 

まずは好きな作家を一人見つけましょう。その人の作品を片っ端から読みましょう。とことんハマれば、読むのに何時間かかろうが、面倒だなと思わなくなります。メリットがどうとか気にならなくなります。

 

そうなれば、あなたの「感度」が上がった証拠。そう思って間違いありません。そこからは、どんどん好かれる人になれますよ。

→起業後の集客・アイデア・成功のコツ

→個別コンサルの料金と詳細