女性起業の成功例と売上アップの集客方法・アイデア集【2022年最新版】

アフタヌーンティー・ティールーム、イベント運営会社、ネット通販会社を経て27歳で独立。14年間で4,000人以上の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破。トヨタ自動車のサイトでの執筆やYahoo!ニュースへの掲載多数のマーケティングコンサルタント笹野健によるブログです。

生理的に無理な人の対処法や付き合い方

「お客様の中に生理的に無理な人がいるのですが、どう対処すれば良いでしょうか」と、カウンセラー業をやっている人から相談されました。私なら「即、絶縁」します。その人に使っているエネルギーが無駄だからです。

 

人間誰しも、生理的に無理な人や生理的に受け付けない人はいます。それはもう仕方ありません。それが幸か不幸か、どこかのタイミングで出会ってしまい、仕事にまで発展しました。これも仕方ありません。が、その関係性をどうにかするのは、自身で対処できることです。

 

本屋さんに行くと「嫌いな人や苦手な人の対処法」という類の本が置いてありますが、私に言わせると、そんなことをしている時間が無駄です。嫌いな人や苦手な人には、一秒たりとも使いたくありません。考えることすら嫌です。だから「永久追放」が最も合理的なのです。

 

明確にこういう人とは付き合いたくないとか、こんなタイプのお客様はお断りですとメッセージを発するのも効果的です。それを読んで自ら退散してくれれば、儲けものです。

 

が、そういう人に限って鈍感なので、まさか自分のことを言われているとは思っていません。そもそも、書いたものを読んでいません。それなら「直接」言うしかありません。

 

このカウンセラーの方は事前予約制なので、その相手が予約してきた時は「いっぱいです」と断ってもらうようにしました。それを2〜3回繰り返したら、もう連絡してこなくなったそうです。作戦成功です。

 

生理的に無理な人のせいで発生していたストレスが軽減され、好きなお客様の為に時間をたっぷり取ることが出来るようになり、満足度も上がったとのこと。「こんなことなら、もっと早くやっておけば良かったです」と笑いながら言っていました。

 

生理的に無理な人とは、物理的に距離を取ることです。見ない、触れない、考えない。それが一番です。その為には「即、絶縁」というのが、効率的ですよ。

→起業後の集客・アイデア・成功のコツ

→個別コンサルの料金と詳細