女性起業塾や起業コンサルは怪しい、やばい、辞めたいと思っている人へ

女性起業塾や女性起業セミナーに通って失敗したなという人、ママ起業コンサルの相場を知りたい人、キラキラ起業女子は気持ち悪いけど末路が気になるという人に対して「どうすれば売れるようになるのか」を淡々と書いたブログです。

起業の相談相手は「起業経験があり、商売として継続している人」に限る

起業の相談をするなら「起業したことのある人」です。もっと言えば「起業経験があり、商売として継続している人」の方が良いです。同じ商売をずっと続けている人や、お店を10年以上運営している人のアドバイスなら参考になります。

 

よくいるのが「起業したことが無い人」に相談する人です。経験の無い人に聞いても「推測」や「イメージ」でしかありません。最終的には「大変だよ」とか「やめておいた方がいいよ」と言われるのがオチです。

 

会社員や公務員に起業の相談をしても「専門外」のことなので、明確に回答できません。身分が保証されている職種です。フリーランスとは「最も遠い位置」にいる人です。そんな人に起業のアドバイスを求めること自体がナンセンスです。

 

自治体や商工会議所がやっている起業相談なんて最悪です。役所の人間は、誰一人、起業なんてしたことありません。商工会議所の相談コーナーに「専門家」として出てくるコンサルタントは、売れずに仕事が無いから、そこにいるのです。そんな人に相談しても、売れるようにはなりません。

 

ここ数年で急増しているのが、実際はお客様が「ほぼゼロ」にも関わらず、それを偽って派手な宣伝をしている人です。「月商100万円超え」とか書いていますが、何で稼いでいるかは書いてありません。お客様の実績も具体性に乏しく、プロから見たら「作り話なんだろうな」とすぐにバレます。そういう人に相談するのは馬鹿げています。

 

起業したら何がどう大変なのか、本当に経験のある人なら具体的にアドバイス出来ます。経験談として、あなたの参考になることもあるでしょう。一人で始めて、継続するのがいかに難しいか、やったことのある人でないと分かりません。目安は「10年以上」です。そういう人を探して、相談しましょう。

→起業準備中・起業したい人向けの記事

→個別コンサルの料金と詳細