フリーランス女性の為のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の個人事業主やフリーランス女性の相談に乗ってきました。

文章を書く人は多いが分かりやすく書ける人は少ない

文章を書く人は多いですが、分かりやすく書ける人は少ないです。ブログをやっている人やTwitterFacebookをやっている人、インスタグラムをやっている人は、この10年くらいで爆発的に増えました。それらのSNSには、文章が付随してくるので、必然的に「書く機会」も増えます。が、この10年で、日本人の文章力が向上したかというと、決してそんなことはありません。

 

向上したのは、スマホやパソコンの「操作方法」です。写真を撮って、コメント付きで、インスタグラムにアップする。動画を撮って、youtubeにアップする。本の紹介を、リンク付きでFacebookにアップする。こういうことは、誰でもすぐにできるようになりました。これが、この10年の、一番の変化です。

 

新聞を読む人や本を読む人は減りました。その代わり、ネットやSNSを見る時間は増えました。活字に触れている時間は、総合的に考えると、昔より増えているかもしれません。が、その「質」は下がっています。

 

最近のネットニュースは、驚くほど誤字脱字が多いです。チェック機能が全く働いていません。人件費を削減しているのか、チェックする側の問題か。どちらかは分かりませんが。とにかく多いです。つまり、質の低いものをたくさん読んでいる人がとても多いのです。当然、文章力は上がりません。

 

文章のうまい人や、分かりやすく書ける人は、質の高い活字をたくさん読んでいます。多くの人のチェックが入っている、有料の書籍です。ネットから距離を置き、そういうものばかり読んでいると、抜群に頭が良くなります。ボキャブラリーも増えます。そういう「訓練」を日々やっているので、良い文章が書けるようになるのです。

 

分かりやすい文章を書きたければ、まずは、質の高い文章を読むことから始めましょう。それが基本のキです。お手軽なテクニックをいくら学んでも、それだけでは書けるようになりません。地味で地道な作業が、後から効いてくるのです。

→ブログだけで12年間集客し続けているプロが教える個別コンサルの詳細はこちら