女性起業の成功例と売上アップの集客方法・アイデア集【2022年最新版】

アフタヌーンティー・ティールーム、イベント運営会社、ネット通販会社を経て27歳で独立。14年間で4,000人以上の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破。トヨタ自動車のサイトでの執筆やYahoo!ニュースへの掲載多数のマーケティングコンサルタント笹野健によるブログです。

最強のSNS活用術はお客様が知りたいことばかり書くこと

最強のSNS活用術は、お客様が知りたいことばかり書くことです。ほとんどの人は、SNSを「自己PRの場」だと考え、必死にアピールしようとしています。それが、そもそもの間違いです。

 

読み手の立場になって考えてみてください。自己PRばかりされて、どう思うか。想像したら分かると思います。そんな人から、買いたいと思うでしょうか。そんなお店に、行ってみたいと思うでしょうか。

 

お客様が知りたいのは、そこにどんなお客様が来ているのか。どのくらいお客様が来ているのか。その二つです。それが書かれていないSNSは、どれだけ書いても集客できません。

 

SNSの使い方が上手いなと、個人的に思うのは石川涼さんです。元々は服屋さんなのですが、カレー屋さん、アダルトショップなんかも経営しています。もう一つのアカウントと並行して、常にお客様が知りたいことを書いています。

 

新店舗がオープンしたり、新しい商品が発売される時は、行列の写真や店内の様子を。完売したら、完売したと。入荷したら、入荷したと。常にお客様が知りたい最新の情報を、主にストーリーという機能を使って日々、更新しています。

 

このブランドやお店には、日本以外のお客様がとても多いのですが、みんなインスタグラムを見て、興味を持ったとのこと。これを見て、日本に旅行で来た時にお店に来るという流れが出来ています。

 

日本国内では、知っている人は少ないかもしれませんが。海外に行くと、圧倒的な知名度を誇ります。

 

私も昔からずっと、同じようなやり方をしています。このブログには、主に二つのことしか書いていません。

・お客様に聞かれたこと

・お客様がコンサルを受けたその後

 要するに、読み手が「一番知りたいこと」です。これをかれこれ12年続けています。 

 

石川さんも私も、難しいことはしていません。特別なテクニックを使っているとか、そんなことはありません。お客様が知りたいことを、徹底的に分かりやすく、提供しているだけです。実は、それが、最強のSNSの使い方です。是非、真似してみてください。

→女性起業家向けSNS集客や活用方法のコツ

→個別コンサルの料金と詳細