女性起業の成功例と売上アップの集客方法・アイデア集【2022年最新版】

アフタヌーンティー・ティールーム、イベント運営会社、ネット通販会社を経て27歳で独立。14年間で4,000人以上の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破。トヨタ自動車のサイトでの執筆やYahoo!ニュースへの掲載多数のコンサルタント笹野健によるブログです。

人は、直接会う前に「文章の印象」で判断される

現代のようなSNS社会では、直接会う前に「文章の印象」で、判断されます。

 

いくら見た目に気を使っていようが、立派な名刺を用意していようが、関係ありません。その前に、あなたの書いた文章で「会う・会わない」の判断を下されるのです。

 

見た目に気を使う人は多いです。時間もお金もたっぷり使い、万全の態勢で挑みます。豪華な名刺を用意する人も多いです。デザインや紙質にこだわり、お気に入りが出来るまで、何度も変更します。

 

書いている文章に、気を使う人はあまりいません。時間もお金もかけません。ブログからの問合せがないのは、書いている文章が良くないのです。

 

上手い文章を書く必要はありません。感じの悪い文章、分かりにくい文章、不親切で想像力のない文章はNGです。

 

文章の感じが悪いと、その人の印象も悪くなります。会うのが億劫になります。ここで損します。

① 文章の感じが悪い

② 会うのが億劫になる

③ 苦手意識が出来る

④ 会いたくなくなる←今ここ

読み手としては、こういう心理状態になります。

 

見た目に気を使うのも良いでしょう。豪華な名刺を用意するのも良いでしょう。その前に、あなたの書いている文章を、もう一度、見直してみましょう。

 

感じの良い文章になっているか。分かりやすい文章になっているか。想像力を使った親切な文章になっているか。そこが「クリア」出来て初めて、あなたの見た目も名刺も活きてくるのです。

→【2022年最新版】ブログ集客のコツ、方法、書き方

→個別コンサルの料金と詳細