SNS・ブログ集客の指導歴13年のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の相談に乗ってきました。

読後感が良いブログはまた読まれる

文章には読後感というものがあります。一言でいうと「読んだ後に、どんな気持ちになるか」です。それが良いか悪いかで、また読んでもらえるかどうかが変わってきます。

 

 あなたにも、いつも読むブログが、いくつかあると思います。それはきっと、読後感が良いはずです。

・元気になれる

・勇気をもらえる

・気付きや学びがある

こういうブログです。読んだ後に、気持ちが晴れやかになったり、清々しくなります。

 

 読んだ後に嫌な気持ちになると、もう二度と読みたくありません。それは本や映画でも同じです。感想を言うことも嫌だし、もはや「無かったもの」として、存在すら否定したくなります。

 

私は好き放題に書いているように見えて、実は読後感をかなり意識しています。ネガティブな記事タイトルを付けても、最後には「希望」を抱かせるように、書いています。そうすると、1時間に561記事も読まれることもあり、お気に入りに入れてもらえたり、読者登録してもらえます。

① タイトルで興味を惹きつける

② 短く書いて、サラッと読ませる

③ 希望を持たせて読後感を良くする

④ また読んでもらえる

これを延々と繰り返しています。ブログをまた読んでもらいたかったら、これを意識してみてください。ガラッと変わると思います。

kensasano.hatenablog.com