個人事業主やフリーランス女性専門のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の個人事業主やフリーランス女性の相談に乗ってきました。

文章は「起承転結」で書いても読まれない

起承転結で文章を書いても、その多くは読まれません。「長い」「分かりにくい」と思われて、途中で読むのを放棄されます。

 

学校では、起承転結で文章を書きましょうと、そう習いました。素直で真面目な人ほど、この教えをきちんと守っています。社会に出てその通りに書くと、読まれません。ここで不安になります。今まで学んできたこと、正しいと信じてきたことが、社会に出ると全く通用しないということに、ショックを受けるのです。

 

起承転結で書いた方が、良い場合も確かにありますが、その機会は少ないです。ほとんどの文章は、起承転結よりも、書きたいことから書いた方が、圧倒的に読まれます。その方が書き手のテンションが高く、読み手にも「熱」が伝わります。

 

私の書く文章は、起承転結を「完全に」無視しています。ブログでも、その通りに書いたことは、一度もありません。それでも日に数百人〜数千人に読んでもらえています。結論から書き始めて、結論で終わることもあります。転で書き始めて、そのまま「転がしっぱなし」の、文章もあります。それで良いのです。 

 

普段のLINEのやり取りでは、起承転結にする人はいません。

 

A「明日、何時にする?」

B「12時にしようよ」

A「じゃあ恵比寿の西口改札で」

B「分かったー」

 

このように、結論だけでやり取りしています。その方が早いし、伝わりやすいからです。LINEではそうしている人が、いざブログを書く時になると、変に「お利口さん」になって、起承転結で書こうとします。結局、時間がかかって、分かりにくくて、長い文章になります。

 

起承転結に、こだわる必要はありません。そんなルールもありません。書きたいところや、書きやすいところから、どんどん書いていきましょう。その方が早く書けて、読まれます。良いことづくめです。

kensasano.hatenablog.com