お金の増やし方と金運アップ、恋愛相談が得意な女性向けブログ集客コンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ集客のコツを始め、お金の増やし方や金運アップの方法、恋愛や人間関係の悩みまでを、たった2時間で全て解決し、相談者に笑顔になってもらうことをモットーに日々仕事をしています。これまで13年間で3,900名以上の女性の相談に乗ってきました。

文章の表現力を上げる方法を教えてください

「文章の表現力を、上げる方法を教えてください」と、ブログ歴の長い人から聞かれました。もう10年近くやっているのに、文章力がなかなか身につかないのが、悩みのタネだそうです。

 

読んでみると、問題点はすぐに分かりました。ボキャブラリが少ないのです。言葉を知らないというか、限られた語彙力でやり繰りしているので、文章が「平坦」になっています。これでは読んでいる方はつまらないです。

 

本を読んでボキャブラリを増やすのが、手っ取り早い方法ですが。もっと早いのは、小学生レベルの国語を、まずは完璧にすることです。新聞は「10歳の子供」が読んでも、理解できるように書かれてあります。まずはそのレベルを目指しましょう。

 

本屋さんに行って、中学入試の国語の参考書や、問題集を探してみてください。中学入試ということは、小学生の間に学んだことが、出題されるということです。自分が7割くらい理解できるものを、一冊か二冊買いましょう。意外と知らない単語や、使い方を間違っていたことわざに、いくつも出会います。それをひたすら反復すれば、小学生レベルの国語は、ほぼマスターできます。

 

頭の悪そうな高校生は、限られた単語で会話します。ウザい、ヤバイ、マジで。だいたいこの三つくらいで、ほとんどの表現が終わります。ネット社会になって、これと大差ない大人が急増しています。年齢に関わらず、言葉を知らない人が増えているのです。

 

小学生は毎日、学校で教科書を読みますが。月に一冊も本を読まない大人が、全体の50%もいます。どう考えても、大人の方が子供よりも、ボキャブラリが不足しています。恥ずかしがらずに、基礎の基礎からやり直しましょう。そうすることにより、恥ずかしくない大人になれます。文章の表現力も上がります。

kensasano.hatenablog.com