女性起業の成功例、集客と売上アップの方法を教えるビジネスコンサルタント笹野健

左利き。北海道から沖縄、上海、タイ、ドイツ、イギリスなど国内外問わず、14年間で4,500名以上の相談に乗り、アドバイスしたお客様のコンサル後の売上総額は「1億円」を突破。女性向けコンサルタントとしては「顧客実績日本一」の笹野健によるブログです。

マーケティング初心者向けの勉強法はありますか?

マーケティングを学びたいのですが、初心者向けの勉強法はありますか?」と、個別コンサルで質問されました。

 

そもそも、あなたは何の為にマーケティングを学びたいのですか?と逆に質問すると、固まってしまいました。その時点で、マーケティングを学ぶ必要はありません。モノを売るのには、マーケティングを学ばなければいけないと、勝手に思い込んでいるだけで、その必要性について理解出来ていないからです。

 

マーケティングとは、一言でいうと「お客様が何を求めているのかを察知し、それを適切に提供すること」だと思います。つまり、本を読んで勉強したところで、お客様が何を求めているかは分かりません。お客様に何が欲しいですか?とか、どんなことに困っていますか?と直接聞いた方が、答えには早く辿り着けます。

 

本にはやり方やテクニックが書いてあるだけで、お客様の気持ちまでは書いてません。これがマーケティングをいくら勉強しても、なかなか集客に結びつかない原因です。

 

マーケティングの勉強をするより、人とたくさん会話して観察力を磨くとか、小説を読んで人の心理について想像力を含ませるとか、そういうことの方がよっぽど役に立ちます。商売というのは、人が人に売り、人が人から買うのです。人間の心理が分かっていないと出来ません。それは、マーケティングの教科書には書いていないのです。

 

まずはあなたのお客様が欲しいものを知る。それを提供する。売れるようになるには、この二つが必須です。マーケティングがどうとか、必要ありません。何となくそれっぽい横文字に惑わされることなく、もっとアナログな泥臭いことをやりましょう。それが売れる近道です。

kensasano.hatenablog.com