女性起業の成功例と売上アップの集客方法・アイデア集【2022年最新版】

アフタヌーンティー・ティールーム、イベント運営会社、ネット通販会社を経て27歳で独立。14年間で4,000人以上の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破。トヨタ自動車のサイトでの執筆やYahoo!ニュースへの掲載多数のマーケティングコンサルタント笹野健によるブログです。

いくら儲かるかより、いくら喜んでもらえるかを考えよう

売れない人は、いくら儲かるかということを常に考えています。これをいくらで売って、経費がいくらかかって、自分にはこれだけ残る。月にいくら売れたら、収入はいくらになる。そんなことばっかり考えています。

 

商売をやっていく上では、大切なことですが、もっと大切なことが欠けています。お客様のことです。こういう人は結局、自分のことばかり考えているので、それがお客様にはモロにバレています。だから、売れないのです。

 

売れる人は、いくら喜んでもらえるかということを常に考えています。これが欲しいだろうな。こうやったらもっと便利だろうな。こんなサービスが必要なんじゃないかな。というように、お客様に喜んでもらえることを考え続けています。で、それを行動にすぐに移します。

 

二軒のパン屋さんがありました。A店の店主は、儲け至上主義です。バゲットを買ったら、保存用のビニールが有料だと言われました。たった15円ですが、お客様の立場からすると、そこにお金かかるんだという感じです。

 

B店でバゲットを買いました。もちろん保存用のビニールは、サービスで付けてくれます。更に、保存の仕方や、美味しく食べる為の温め方も一緒に教えてくれました。A店は潰れました。B店は大人気です。商売というのは、極論すると、こういうことです。

 

A店は、たった15円で、お店を潰したのです。怖い話ですが、本当によくある話です。しかも、A店の店主は、そこに気付いていません。この人は、計算はできる人ですが、人の気持ちは理解できていません。だから、お店を潰したのです。

 

この話を、あなたの仕事に置き換えてみましょう。売れないから。お金が欲しいから。もっと楽したいから。そういう理由で、ついつい自分の儲けのことばかり考えていませんか?実はそれが、儲かるという意味では、一番遠回りであるということに早く気付きましょう。

 

そして、お客様をもっと喜ばせるにはどうしたらいいかを考え続け、行動に移しましょう。それが出来た時、あなたの仕事もきっと儲かるようになっています。

kensasano.hatenablog.com