お金の増やし方と金運アップ、恋愛相談が得意な女性向けブログ集客コンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ集客のコツを始め、お金の増やし方や金運アップの方法、恋愛や人間関係の悩みまでを、たった2時間で全て解決し、相談者に笑顔になってもらうことをモットーに日々仕事をしています。これまで13年間で3,900名以上の女性の相談に乗ってきました。

会話力がない人が会話力を上げるコツ

会話力がない人は、話がおもしろくありません。なぜ、話がおもしろくないかというと。ネタが他人と被ってるからです。テレビとネットしか見ていないから、多くの人が知っている情報しかネタがありません。

 

最近のテレビ番組は、予算が少ないので、情報収集をネットでやっています。制作会社のスタッフが、ネタを出す時は、ネットを頼りにします。少ない人数で多くの仕事量をこなさないといけないので、わざわざ自分の足で、ネタを探す「余裕」がありません。街ブラやグルメ番組で出てくるお店は、ネットニュースに出てくるお店とほぼ同じです。

 

要するに、ネットとテレビは、見ている層も情報も被っています。それをそのまま喋っても、何も生み出しません。「昨日、あの番組見た?」というのと「ネットで見たんだけど・・・」というのは、レベルとしては同じです。誰もが知っていることを話しているので、ただの「確認」でしかありません。それでは興味を惹きません。

 

話がおもしろい人は、圧倒的に実体験が豊富です。実体験は、最強です。その人にしか出来ないので、他人とネタが被りません。笑福亭鶴瓶さんは、実体験「しか」喋りません。だから、いつまでも、話を聞いていられるのです。

 

話がおもしろい人は、本も映画もたくさん見ています。本や映画は、テレビやネットに比べて、見ている人が圧倒的に少ないです。ビジネス書でも、1万部売れたら大ヒットと言われる時代です。

 

NHKのニュースは、何千万人が見ています。Yahooのトップニュースは、約一億人が見ています。本は、いくら多くても、一万人です。そこに差が生まれるのです。

 

人の興味を惹きつけようと思うなら。まずは実体験を増やすことです。その次に、本や映画をたくさん見ることです。話がおもしろい人は、これをずっとやってます。何年も何十年も。だから、話がおもしろいのです。

 

誰でも出来ることを、誰にも出来ないくらいやり続けると、他人と圧倒的な差がつけれます。よく、覚えておきましょう。

kensasano.hatenablog.com