女性起業の成功例と売上アップの集客方法・アイデア集【2022年最新版】

アフタヌーンティー・ティールーム、イベント運営会社、ネット通販会社を経て27歳で独立。14年間で4,000人以上の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破。トヨタ自動車のサイトでの執筆やYahoo!ニュースへの掲載多数のマーケティングコンサルタント笹野健によるブログです。

顧客を「囲い込む」という発想を捨てよう

何かにつけて、顧客を「囲い込む」という発想を、捨てきれない人や企業が、未だに多いですが。今すぐやめたほうが良いです。理由は単純。囲い込まれたい人など、いないからです。

 

よく見かけるのが、ポイントカードや、メルマガ登録です。最近ではLINE@も増えました。まずは登録させて、個人情報を吸い取り、それをマーケティングに活かそう。そういう発想ですが。完全に「時代遅れ」だと思います。TSUTAYAの発行するTポイントカードが、無断で警察の捜査に流用されていた件が、報道されていましたが。ポイントカード自体に、不信感を抱く人は増えています。

 

ポイントを貯めて喜んでいるのは、賤(いや)しい貧乏人だけです。そんな人を対象にしたビジネスであれば、別に構いませんが。そうでなければ、やめたほうが賢明です。

 

アメブロでよく見るのが「無料メール講座」です。LINE@に登録させようという人も、かなり見かけます。それで儲けている人を、見たことはありません。

 

そんなことに頼らなくても、お客様が買いたいと思う商品を提供することを考えるべきです。お客様が欲しいと思うように、徹底的に商品の質を上げるべきです。リピートが続いている商品やサービスは、決して顧客を囲い込んだりしません。お客様が嫌がることをやると、二度と買ってもらえないということを、よく分かっているからです。

 

お客様は、自分の意思で、欲しい時に欲しいだけ買う。これが商売の「基本のキ」です。顧客を囲い込もうとした時点で、その法則を破ることになり、愛想を尽かされます。そういうことをやっている、個人や企業は恐ろしいほど多いです。

kensasano.hatenablog.com