ブログから集客できない女性起業家、起業したいけどアイデアやスキルがない起業女子を支援・サポートするコンサルタント 笹野健

WEB集客、SNS集客、ブログ集客に悩む女性起業家や、起業したいけどアイデアやスキルがないので困っている起業女子のサポートをし続け、12年間で3,600名以上の相談に乗ってきました。その他にも、お金、運気、金運、人間関係の悩み、恋愛、婚活、離婚等、何でも答えます。何でも聞いてください。

最も売れやすい値段や価格帯とは?

「最も売れやすい値段や価格帯は、どのくらいですか?」と、よく質問されます。これに対しての回答は明確です。あなたのお客様が、最も「払いやすい」値段や価格帯に、設定することです。

 

例えば、小学生向けの商材であれば、買う側の小学生は、数十円〜数百円なら払いやすいです。そのあたりの価格帯にすると、最も売れやすいです。だから、ほとんどのお菓子は、そのくらいの設定になっているのです。

 

東京のオフィス街にある定食屋は、ランチで700円〜1,000円が多いです。それ以上になると、急激に客足が遠のきます。お弁当屋さんは、500円(ワンコイン)前後にしています。中には290円というところもあります。会社員の懐事情を、考慮しての価格設定です。

 

そこで、あなたの商品です。どんな人が買うのか。その人はどのくらいお金を持っていて、どのくらいその商品に使うのか。真剣に考えたことがあるでしょうか?ほとんどの人がないと思います。同じような商品を売っている人の値段を、そのまま真似ている。そんな人が大半です。だから売れないのです。 

 

あなたと同じような人に、売りたいのであれば、話は簡単です。普段、自分がどこでどんな物を、いくらで買っているか。思い出してみましょう。で、もし自分の商品を買うとしたら、いくらまでなら出せるか。そこを考えてみましょう。今つけている値段が、それよりも高ければ、お客様も同じように思っています。ちょっと割高だなとか、コスパ悪いなと思われています。

 

正解はありません。適正価格なんて、その時々でコロコロ変わります。昨日まで100円の価値もなかった絵画に、ある日突然100億円の価値が、つくこともあるのです。ネットでやっている以上、値段はすぐに変更可能です。今みたいにお客様が少ない時期に、どんどん試してみましょう。大丈夫。どうせそんなにお客様は来ません。だから気を使う必要もありません。納得いくまで、何度でもやれば良いのです。

kensasano.hatenablog.com