女性起業の成功例と売上アップの集客方法・アイデア集【2022年最新版】

アフタヌーンティー・ティールーム、イベント運営会社、ネット通販会社を経て27歳で独立。14年間で4,000人以上の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破。トヨタ自動車のサイトでの執筆やYahoo!ニュースへの掲載多数のマーケティングコンサルタント笹野健によるブログです。

新規顧客を開拓したい起業初心者が考えるべきこと

新規顧客を開拓したい起業初心者が考えるべきことについて。私が27歳で起業した時、最初にやったことを教えます。

 

まず、人には、以下の4タイプがあります。

① 自分のことを好きになってくれる人

② 自分のことを好きになってくれない人

③ お金を持っている人

④ お金を持ってない人

これを組み合わせます。

すると、以下のようになります。

 

①×③→自分のことを好きになってくれて、お金を持っている人

①×④→自分のことを好きになってくれるが、お金を持ってない人

②×③→自分のことを好きになってくれないが、お金を持っている人

②×④→自分のことを好きになってくれなくて、お金を持ってない人

 

お客様になり得るのは、①×③の「自分のことを好きになってくれて、お金を持っている人」だけです。このことに、私は最初に気付きました。

 

商売が下手な人や真面目な人は、全ての人に好かれようとします。一人でも多くの人に買ってもらおうとします。これが、そもそもの「失敗の原因」です。これだけ価値観が多様化し、誰でもネットで手軽に情報発信できて、競合が多いのです。全員に好かれる、全員に買ってもらう。どちらも無理です。

 

それなら、最初から発想を変えれば良いのです。自分のことを好きになってくれて、かつ、支払い能力のある人にだけ買ってもらえば良いのだと。

 

私のブログは「癖が強い」と、よく言われます。確かに、強いのかもしれません。これは、わざとやってます。大手ではないので、極端に値段を下げて、たくさん売ることはできません。宣伝費用もありません。では、どうするか。

 

お客様の方から、こちらにやってきてもらい「ハマって」もらう。この戦術しかないなと、当初から思ってました。癖が強いのにハマると、人は「中毒」になります。そういう人じゃないと、二時間で数万円もする、カタチのないコンサルにお金は払いません。これを、あなたの商売に当てはめてみましょう。きっと戦い方が見えてくると思います。

kensasano.hatenablog.com