お金の悩みや不安を解消したい女性起業家向けブログ集客コンサルタント笹野健

貯金が無い、老後に生活できるか不安、収入(給料)が低いという、お金の悩みや不安を解消する為に、12年間で3,600名以上の女性の相談に乗ってきました。お金、運気、金運、ブログ集客、SNS、SEO対策、起業、成功術、人間関係の悩み、恋愛、婚活、離婚等、何でも答えます。何でも聞いてください。

富裕層は絶対数が少ないのでみんなで取り合いになる

起業初心者向けの本を読んでいると、富裕層向けのビジネスは、単価が高いからおすすめだと、よく書かれてあります。確かに単価は高いかもしれませんが、それが売れるかどうかは、全く別の話です。その論点が「スコーン」と抜けているので、鵜呑みにすると全く売れずに終わります。

 

富裕層に買ってもらいたくて、アプローチしている業種を、思いつく限り挙げてみます。

 

時計、貴金属、家具、車、不動産、株、投資信託、保険、旅行、百貨店の外商、高級ブランド服、レストラン、ホテル、ワイン、絵画、骨董品。

 

ざっと挙げただけでも、こんなにあります。それに比べて、富裕層の数は、日本では全体の「2,3%」です。これをみんなで取り合っているのです。

 

富裕層向けのビジネスは、商品もサービスも洗練されています。老舗企業も多く、あの手この手で必死に考え続け、日々、試行錯誤の連続です。それでも富裕層は、すぐには買ってくれません。目が肥えているし、自分に必要ないと判断したものには、一銭も払いたくないからです。

 

富裕層には、アポもなかなか取れません。商品がどうこう言う前に、そもそも会えません。その労力たるや、かなりのものです。富裕層向けのビジネスに参入するということは、起業初心者がそんな世界で、戦うということです。それがどれだけ大変なことか、想像してみましょう。いかに「無謀」か、よく分かると思います。

 

あなたの商品を買ってくれるのは、あなたと同じような普通の人です。富裕層に比べて圧倒的に多く、出会いやすいです。そういう人たちにとって、いかに必要と思ってもらえるか。まずはそこから考えていきましょう。その方がビジネスとしては、はるかにやりやすいですよ。

kensasano.hatenablog.com