SNS・ブログ集客の指導歴13年のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の相談に乗ってきました。

親に相談しても悩みや問題が解決しない理由

ほとんどの困り事や悩みや問題は、親に相談しても解決しません。親は、だいたい自分よりも、20〜30年以上前の価値観で生きています。しかも、年々、頑固になってきます。自分の価値観が絶対だと、思い込んでいます。そこから動こうとしないし、変化に対応する柔軟性もありません。

 

現代は、変化が非常に早いです。1〜2年サイクルで、どんどん価値観が変わり、多様化しています。それに、親世代は、全くついてこれません。親の言うことをしっかり聞く人は、自分の親の価値観で生きてます。あなたからすると、祖父母にあたる世代です。ということは、50〜60年前の価値観で生きてます。そんな相手に相談しても、今の時代のあなたの悩みが解決する訳がありません。親には分からないのです。という、単純な話です。

 

自分の悩み事を、そんな「相談のアマチュア」に聞いて、あぁだこうだ言っている。ほとんどの日本人は、そんなことばっかりやってます。そりゃ、解決する訳がありません。

 

よくあるのが、地方の人が東京に行きたいと言って、親に反対にあうことです。東京は怖いところだ、人が多くて大変だ、お前はきっとすぐに帰ってくるぞ。そんなこと言いながら、そういう親に限って、東京にほぼ行ったことがありません。

 

自分が若い頃に、一度だけ行ったことあるとか。映画で見たとか。この前、テレビでやってたとか。そういう曖昧な印象だけで言っているに過ぎません。子供が自分の元から離れていくのが寂しいだけです。子供を心配しているそぶりを見せつつ、自分の感情をぶつけている。そういう親が大半です。

 

親にするのは、相談ではありません。産んでくれてありがとう。育ててくれてありがとう。という「感謝」です。それ以上でも、それ以下でもありません。

 

相談するなら「相談のプロ」にしないと、問題は解決しません。いつまでも、古い価値観でしか判断できない親に頼るのでなく。自分だけの相談のプロを、見つけましょう。その方が、よっぽど生きやすいですよ。

kensasano.hatenablog.com