女性起業の成功例と売上アップの集客方法・アイデア集【2023年最新版】

アフタヌーンティー・ティールーム、イベント運営会社、ネット通販会社を経て27歳で独立。14年間で4,000人以上の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破。トヨタ自動車のサイトでの執筆やYahoo!ニュースへの掲載多数のマーケティングコンサルタント笹野健によるブログです。

個別コンサルの時間を一切無駄にしないコツ

個別コンサルを受ける時は、申込みフォームに、全て書いておきましょう。

・現状、何をやっているのか

・関連するブログやホームページ

・今後どうしたいのか

 

これだけの情報があれば、先に調べたり考えることが出来るので、お互いに時間を無駄にせずに済みます。

 

個別コンサルは二時間です。意外と「あっという間」に終わります。せっかく時間とお金を使い、アドバイスを受けに来ているのあれば、一分一秒も無駄にしたくない。そんな人が多いと思うのですが、無駄にしている人が結構います。

 

申込みフォームに何も書かず、会ってからいざ話し出すと、ヒアリングに時間がかかります。人によっては、いきなりブログやホームページを出して、問題点を指摘してほしいと言います。こちらからすると「先に言ってよ」です。

 

こういう人は、想像力が無いのです。先に言っておいた方が、相手に伝わりやすいだろうとか、時間を無駄にせずに済むだろうとか、そういう発想がありません。それが仕事が出来ない原因だと、本人は全く気付いていません。

 

社会人として、これはかなりのマイナスポイントです。想像力の無い人は、何をやっても上手くいかないし、周りをイライラさせます。早く気付いて、早く直すべきです。

 

何を相談するかも大事ですが、どう相談するかも大事です。たった二時間ですが、頭をフルに使うことになります。それがあなたの「成長」に繋がるのです。

kensasano.hatenablog.com