女性起業の成功例と売上アップの集客方法・アイデア集【2022年最新版】

アフタヌーンティー・ティールーム、イベント運営会社、ネット通販会社を経て27歳で独立。14年間で4,000人以上の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破。トヨタ自動車のサイトでの執筆やYahoo!ニュースへの掲載多数のマーケティングコンサルタント笹野健によるブログです。

飲食店の適正価格の考え方

「新商品を考えましたが、適正価格を相談したいです」と、飲食店を運営している方に相談されました。

 

コロナの影響で店舗内の売上が厳しいので、テイクアウトを地道にやっていたそうです。そこで新商品を考えついたのですが、いくらにするのが適正か分からないとのことでした。

 

まずは「そこの街の相場」というのがあります。どんな人が住んでいて、いくらくらいの商品をどのくらい買うのか。買い物に来る頻度や一回あたりに使う金額。家族連れが多いのか単身世帯が多いのか。若い人が多いのか老人が多いのか。そういうところをまずは考えることです。

 

このお店は都心から少し離れた住宅街にあるので、都心部やオフィス街のような価格設定にしていると「高い」と思われます。それよりも何度でも利用しやすい金額にして、複数回買ってもらった方が売上は伸びます。

 

駅からお店まで歩いてみて、更にその少し先までずっと歩いてみましょう。その間にどんなお店があり、どんな価格設定をしているのかよく観察しましょう。それを繰り返しているうちに、適正価格は見えてきます。ヒントは意外と身近なところにあるのです。→個別コンサルの料金と詳細