SNS・ブログ集客の指導歴13年のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の相談に乗ってきました。

「軽い女」も「重い女」も男受けしない

「私、軽い女じゃないんで」と、言ってる女の人を、たまに見かけますが。そのひと言で、一気に男を遠ざけているということを分かっているのでしょうか。少し、心配になります。

 

男はそこまで真剣に、誘ってる訳ではありません。ボクシングでいえばジャブ程度の気持ちです。それなのに、そんな言い方するなんて。ちょっと「無いな」と思います。

 

自分を安売りしたくないという気持ちはよく分かりますが。それを声に大にして言わないといけない時点で、既に安いという証拠です。安くない人は、そんなことわざわざ口にしません。

 

昔、知り合いの女性が言っていました。年上の既婚者の男性が、飲みながら誘ってきたそうです。その女性が放ったひと言がこちら。「私と付き合いたければ、きっちり奥さんと離婚して、はんこを押した離婚届を持ってきてください」相手の男性も、実は、知ってる人なんですけど。その女性のことは、二度と誘わないと断言していました。

 

女性の方は、勝った気でいるようで。撃退してやったと思っているんでしょうけど。その人にかれこれ10年以上、彼氏がいないことを、私は知っています。

 

この例から見ると、強く拒否することは、完全に「逆効果」のようです。軽い女じゃないぞ、という気持ちが強ければ強いほど。実は「重い女」になっていくということに、気付いてないのでしょう。

 

重い女は重い女でツラいです。メンタルをやられてるとか、ネガティブなことばっかり言うとか。妙に心配性だとか、すぐに泣くとか。それなら、きちんと落ち着いてから来てほしいなというのが男の本音。

 

まとめます。軽い女も重い女も男受けはしません。変に意識することなく、もっと普通にしなさい、普通に。普通って何なの?とか聞いてくる人がいますが。その時点で、もう重いです。何も考えずに、その場をもっと楽しみましょう。

 

誘われて良いなと思ったら、応じれば良いし。違うなと思ったら、丁重に断れば良いし。それだけの話です。難しくしてるのは、あなた自身です。

kensasano.hatenablog.com