法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客や活用法、女性起業家のブログ集客をサポートするコンサルタント 笹野健

法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客や活用法、ブログ集客に悩む女性起業家や、起業したいけどアイデアやスキルがないので困っている起業女子のサポートをし続け、12年間で3,600名以上の相談に乗ってきました。その他にも、お金、運気、金運、人間関係の悩み、恋愛、婚活、離婚等、何でも答えます。何でも聞いてください。

被害妄想の激しい女あるある

・彼氏が熱を出して寝込んだ。

行こうか?と聞いたら、来なくていいと言われた。もしかして、他の女が既に来てる?嫌われてる?私って彼の何?もう必要ないってこと?

 

・休日に彼氏と会おうとしたら、今日はゆっくりしたいからと断られた。

もしかして、他に女がいる?前に言ってた職場の後輩?そういえば最近、態度が冷たいかも。これって、別れのサイン?

 

・彼氏と食の趣味がほんの少しズレた

あぁやっぱり、私たちって合わないんだ。食の趣味が合わないって、もう絶望的。もう別れた方が良い?

 

・LINEに既読がなかなかつかない

あれ?私、避けられてる?もう友達やめた方がいい?このグループから卒業するべきですか?どうせ、その方がみんな楽しいよね。

 

・仕事でミスをしてしまった

あぁ〜もうダメ。この仕事向いてない。っていうか、この会社にはもういられない。転職した方が良いな。よし、明日、早速、転職サイトにエントリーしよう。

 

・合コンでハゲた人が正面に座った

この人ともし結婚したら、息子も遺伝でハゲるのかぁ。いや、待てよ。隔世遺伝で孫がハゲるのかも。旦那、息子、孫、全員ハゲ。無理〜!

 

このくらいのことは「平気」で思います。もう一度読んでもらえれば分かると思いますが。「事実」は全て、一行目のみ。それ以外は、本人が勝手に妄想してるだけで、決してそんなことはないのです。それが被害妄想の激しい女性の特徴です。 

 

それでもなんだかんだいって、女性の平均寿命は87歳。やっぱり女はたくましい。どう逆立ちしても勝てません。

kensasano.hatenablog.com