フリーランス女性の為のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の個人事業主やフリーランス女性の相談に乗ってきました。

愚痴を聞いてくれる男の真の目的

愚痴を聞いてくれる男の友達があなたにはいるでしょうか?仮に、いたとして。その男の真の目的とは何かと言うと。単に「ヤリたいだけ」だったりします。そこをきっちり理解しておかないと、後で大変なことになります。

 

そもそも、女の愚痴は、おもしろくありません。前フリが長いし、登場人物が多いし、同じ話の繰り返しだし。わざわざ時間取ってそんな話を聞かされる訳です。セックスでもしないと割に合わないのです。

 

その男とヤリたくないなら。愚痴を聞いてくれたことに対しての何かしらの「報酬」は与えておきましょう。そうしないと、後で揉めます。愚痴を聞いてもらって、自分だけスッキリするとか。それはちょっと虫がよすぎます。

 

それと、もう一つ大事なことを言っておきます。愚痴を聞いてくれる、ヤリチン男の思考回路です。

① 愚痴を聞く

② 優しく慰める

③ 抱く 

ここまでが「ワンセット」です。そういう男の会話は、とても簡単です。

・へぇ〜

・そうなんだ

・大変だね

だいたい、この三語で事足ります。あなたの話なんて、全く聞いてないし、興味もありません。それなのに、優しくされて、親身に相談に乗ってもらったと勘違いしてしまうから、すぐに抱かれてしまうのです。

 

悩み事を女友達に相談しても、解決しません。同じように全く話を聞いてないし、共感はしてくれても、解決する気はありません。男友達に相談しても、結局はヤリたいだけです。そう。悩みの解決は、自分でするしかないのです。

 

と、言ってしまうと、元も子もないので。お金払って、相談に行けば良いんじゃないかなと。それが一番、冷静に考えれるし、的確なアドバイスがもらえると思います。

 

まとめると。愚痴を聞いてもらうのは、相手にとっては「苦行」であると、まずは認識すること。聞いてもらいたいなら、何かしらの報酬は用意すること。仕事でもなしに愚痴を聞いてくれる男は、必ずと言っていいほど、真の目的があるということ。これだけ分かっていれば、痛い目に遭わなくて済みます。

kensasano.hatenablog.com