法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客、女性起業家のブログ集客をサポートするコンサルタント 笹野健

法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客、ブログ集客に悩む女性起業家や、起業したいけどアイデアやスキルがないので困っている起業女子のサポートをし続け、12年間で3,600名以上の相談に乗ってきました。その他にも、お金、運気、金運、人間関係の悩み、恋愛、婚活、離婚等、何でも答えます。何でも聞いてください。

なぜ男は「好き」と言ってくれないのか?

なぜ男は「好き」という一言を、なかなか言ってくれないのか?それが理解できない女が多いので、ここではっきり言っておきます。

 

男の好きは「重い」のです。軽々しく口に出せるほどの、言葉ではありません。どれだけ多くても、年に一度か二度。人によっては、生涯に一度か二度。そのくらいの感覚です。

 

女の好きはめちゃくちゃ「軽い」です。色んなことを表現するのに、便利な言葉として、日常生活でよく使います。頻度も回数も多く、使用範囲も広いです。だから好きという言葉自体に、重みがありません。まるで、好きの「デフレ化」です。

 

先日、テレビを見ていたら、千鳥に関するインタビューを、原宿駅前でやっていました。千鳥をご存知ですか?と、頭の悪そうな女子に聞いてみると「千鳥好きぃ〜!ノブ超好きぃ〜」と、興奮して言っていました。この女子の言いたことを翻訳すると、以下のようになります。

 

「はい、千鳥を知っています。ノブという人は名前を覚えています」この程度のことです。それを表現するのに、好きという言葉に超をつけて話すのが、女という生き物です。

 

繰り返しになりますが、大事なことなので、もう一度言っておきます。男は好きという言葉を、軽々しく使いません。人によっては一生に一回とか、生涯使わない場合もあります。そのくらい「重い」ものなのです。

 

それを知らない女は、やたらと「私のこと好き?」と聞きます。これが、そもそもの間違いです。こちらはそんなに軽々しく、好きとは言いたくありません。貴重なものなのです。日常会話の中で、言うことではありません。盆と正月くらいで充分です。

 

ということを、義務教育で教えるべきです。それが出来ないなら、親が子供に伝えるべきです。それが出来ていないから、男女間の揉め事が減らないのです。本気でそう思います。

kensasano.hatenablog.com