法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客、女性起業家のブログ集客をサポートするコンサルタント 笹野健

法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客、ブログ集客に悩む女性起業家や、起業したいけどアイデアやスキルがないので困っている起業女子のサポートをし続け、12年間で3,600名以上の相談に乗ってきました。その他にも、お金、運気、金運、人間関係の悩み、恋愛、婚活、離婚等、何でも答えます。何でも聞いてください。

足の裏は女の恥部by酒井若菜

女優・酒井若菜さんのエッセイ集を読んでいたら、衝撃のフレーズに出会いまいした。「足の裏は女の恥部」という、今までに見たことも聞いたこともないフレーズです。

 

うたかたのエッセイ集

うたかたのエッセイ集

 

 

ある作品で、女性キャスト全員の、足の裏を撮影することになったと。それに対して、年下の女優さんが、足の裏を撮影されるのはちょっと、と、監督に言ったそうです。女優という生き物は、ワガママな人はほとんどいなくて、むしろ何でも受けれてしまう人が多い。そんな仕事をしている人が、それだけは・・・と抵抗したと。その意見に、他の女優さんも賛同。「足の裏を撮るなら、事前に教えてほしかった」「スッピンより恥ずかしい」そんな声が続出。まるで「女優一揆」のようだったと、書かれていました。

 

男の監督は、この動きに困惑。女性にとって、足の裏がそんなにも、恥ずかしい部分だったとは知らなかった。そう言って驚いていたそうです。

 

これに対し、酒井若菜さんは、こう付け加えています。「女性の体は基本的に、陽に当たらないところは、全て恥部である。その代表的な部分が、ビキニに覆われている部分だが、足の裏もまた然りなのだということを、男性は知らないらしい」

 

はい、知りませんでした。初めて聞きました。これを読んだ男性は、ほぼ全員、こう言うと思います。なぜ、こんなに大事なことを、義務教育で教えないのでしょうか。音楽や図画工作の授業が無くなっても、別に困りませんが。女性の機嫌を損ねると、困ることがいっぱいあります。代わりに「恋愛」という教科を必須科目に入れたほうが、世の中は上手く回る気がします。これ、結構、本気で思ってます。

kensasano.hatenablog.com