SNS・ブログ集客の指導歴13年のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の相談に乗ってきました。

ベンチャー企業は起業に向いていますか?

「将来、起業するつもりなのですが、ベンチャー企業は起業に向いていますか?」と、転職活動中の方に聞かれました。

 

自分であれこれやりたいのであれば、向いていると言えます。大企業と違い、ベンチャー企業は一人当たりのやることが多く、範囲も広いです。短期間で様々な知識や知恵を得れたり、実体験が出来ます。そういう意味では、起業したい人にはピッタリかもしれません。

 

実を言うと、私もベンチャー企業の出身です。お世話になった2社は、どちらも社員6名の小さな会社でした。やることは半端なく多かったです。その分、色んな経験が積めたので、今ではとても感謝しています。

 

1社目のイベント運営会社では、世の中のお金の流れが全て学べました。クライアントがいて、広告代理店がいて、広告制作会社がいて、ようやくイベント運営会社です。その順番通りに、もらっている給料が違います。どれだけ頑張って働いても、クライアントの気まぐれで全て覆される。そんな理不尽なことを何度も経験しました。

 

まだ20代前半でしたが、数千万円という大きな予算の仕事に関わったおかげで、責任感が芽生えたり、折衝能力が磨かれたり、時間の管理能力が身に付きました。

 

2社目のネット通販会社では、パソコンを覚えました。入社当時はネットを見るのと簡単なメールのやり取りしか出来ませんでしたが、3年もいると、ワードもエクセルもイラストレーターもフォトショップも使えるようになり、最終的にはサイトの製作も出来るようになりました。

 

メールの文章だけで相手の意図を察知する力や、物流の仕組みが知れたのも大きいです。また通販サイトの運営の仕方やSEO対策もみっちり仕込まれました。これは今の仕事でも活きています。

 

私が起業したのは、この2社のベンチャー企業での経験があったからです。最初から30歳までに起業しようと思っていましたが、前倒しで27歳で起業できました。

 

本音を言うと、もう少し大きな企業に入りたかったのですが、入社試験で全部落ちました。仕方なくコネを使ってイベント運営会社に潜り込み、そこを辞めてフラフラしていたら、通販会社に拾われたのです。

 

人生は、いつ、どこからでも逆転可能です。私が良い例です。ベンチャー企業、なかな良いですよ。

kensasano.hatenablog.com