法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客、女性起業家のブログ集客をサポートするコンサルタント 笹野健

法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客、ブログ集客に悩む女性起業家や、起業したいけどアイデアやスキルがないので困っている起業女子のサポートをし続け、12年間で3,600名以上の相談に乗ってきました。その他にも、お金、運気、金運、人間関係の悩み、恋愛、婚活、離婚等、何でも答えます。何でも聞いてください。

ペルソナ分析をやっても売上が伸びません

起業塾でペルソナ分析が大事だと教わり、その通りにやってみたのですが、売上が伸びません」と、意識高い系の人に相談されました。

 

ペルソナ分析というのは、ターゲットを個人にまで絞り込み、その人に向けてPRしたり、販売方法を考えるという、マーケティング手法の一つです。個人的に、これには以前から疑問を持っていました。

 

そもそも、そのターゲットである特定の個人というのは、売り手が勝手に「作り出した」ものであり、実在しません。こんな人がいたら良いなという妄想に過ぎません。そんな相手に向かっていくらPRしても、そもそも存在しないのであれば、どれだけやっても届きません。

 

それと起業して間もない、実績も無くて名前も売れてないド素人が、ターゲットを絞り込むと、最終的にはお客様は「ゼロ」になります。その段階では、ターゲットは絞り込むのではなく広げる必要があります。

 

この記事にも書きましたが、それは自分の首を絞める行為です。このことに気付かない限り、いくらペルソナ分析をやろうが、ターゲットを明確に絞り込もうが、成果は出ません。

 

ペルソナ分析をやって売上が伸びるのは「大手だけ」です。元々のお客様の数が多く、ターゲット層が幅広いのであれば、そこから絞り込むことには意味があります。が、それと同じことを個人が、かつ知名度も実績も無い素人がやっても、効果は出ないですよ、ということです。

kensasano.hatenablog.com