個人事業主やフリーランス女性専門のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の個人事業主やフリーランス女性の相談に乗ってきました。

一人暮らしの派遣社員が月5万円貯金する方法

「お金の使い方が下手なので、どうしたら貯金できるかを教えてください」と、派遣社員の方に相談されました。

 

この方は都内で事務職をしていて、手取りは17万円ほどだそうです。使い道を詳しく聞いてみました。

 

・家賃→6万5千円

・食費→3万円

・光熱費→1万円

・スマホ代→1万5千円

・交際費→2万円

・衣服代→3万円

 

これを踏まえた上で、一つずつ詳細を聞いていきました。

 

食事はスーパーやデパ地下で、仕事帰りに買うそうです。割高だなと思いながら、なんとなく買ってしまうのが、習慣になっています。スマホはそんなに使っていないのに、契約しているプランが、なぜか最も高いものでした。

 

会社の同僚との飲み会が、月に数回あるそうです。全く気が進まないのに、仕方なく行っているそうです。それに加えて、友達と飲みに行くことも多く、毎回、愚痴の言い合いが定番に。それぞれ、一回あたり4〜5,000円は使うとのこと。服が好きなのと、付き合いが多いので、見栄を張る為に毎月買うそうです。

 

これでは絶対に貯まりません。まず、何となくで買い物をするのをやめることです。自炊できるならした方が、圧倒的に節約できます。スマホも、ドコモやau、ソフトバンクではなく、格安SIMに変えれば、同じ機種でも利用料が半額以下になります。気が進まないのであれば、飲み会は断るべきです。愚痴を言い合っても、時間とお金を使うだけで、一銭にもなりません。付き合いが減れば、そんなに服を買う必要もありません。

 

これで飲食費が1万円、スマホ代が5,000円、交際費が2万円、衣服代が1万5千円減らせます。合計すると「5万円」も浮きます。時間もたっぷり余るし、貯金も充分にできます。

 

実際に紙に書いて説明すると、口をポカンと開けて、驚いていました。収入は一円も増えていないのに、時間とお金の使い方をしっかり考えると、このようになります。何となくで買い物をしたり、仕方なくで付き合いを続けると、いくらあっても足りません。お金がない、貯金ができないという人は、そういう「観念」が足りません。

 

お金絡みの相談が、最近は特に増えています。真剣に考えたこともないし、相談する相手がいないのが、原因だと思います。いつでも聞きに来てください。何でも答えます。

blog.kensasano.tokyo