法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客、女性起業家のブログ集客をサポートするコンサルタント 笹野健

法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客、ブログ集客に悩む女性起業家や、起業したいけどアイデアやスキルがないので困っている起業女子のサポートをし続け、12年間で3,600名以上の相談に乗ってきました。その他にも、お金、運気、金運、人間関係の悩み、恋愛、婚活、離婚等、何でも答えます。何でも聞いてください。

本物と偽物の見分け方

本物か偽物か見分けるコツはたった一つです。普段から本物をたくさん見ておくことです。そうすると、偽物を見た時にすぐに気付けます。違和感を感じたり、おかしいなと思うので「やめておこう」となるのです。

 

高いお金を払って、偽物を掴まされる人がいます。こういう人は、本物を見る機会が極端に少ないのです。本物なら有り得ない価格設定や、本物を売る人なら絶対に言わない台詞に気付くことが出来ません。偽物を売る人の「良いカモ」になっているのです。

 

日本橋丸善書店のギャラリーで版画展をやっていました。私の大好きな横山大観の「蓬莱」という名画の版画が置いてありました。版画とは言え、全体的にぼんやりとしたタッチで、全体的に粗い印象を受けました。それでも値段は33万円もします。

 

この一ヶ月前に、島根県足立美術館で開催されている、横山大観展に行きました。そこには「本物」の蓬莱が置いてあり、私はそれを生で見ています。だからすぐに、その版画が粗いなと判断できました。33万円もあれば、東京からその展覧会を10回見に行けます。そういうお金の使い方をした方が、目利き力は磨かれます。

 

こういう体験をたくさんしておくと、偽物を掴まされることも、無駄使いすることもなくなります。本物を体験するお金をケチる人ほど、偽物に大金を払います。これはいつの世も同じです。詐欺師は、そのことをよく分かっているのです。

kensasano.hatenablog.com