SNS・ブログ集客の指導歴13年のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の相談に乗ってきました。

好感度を気にしない人の方が好感度は高い

好感度を気にしない人の方が、好感度は高いです。ビートたけし松本人志、マツコデラックス、有吉弘行坂上忍、設楽統、バカリズム小籔千豊野性爆弾くっきー、ロバート秋山・・・etc

 

テレビやCMによく出ている人の共通点は、好感度を気にしていないということです。自由に好きなことを言って、自然体で生きている。本当は自分も、この人みたいに、好きなようにやりたい。でも、周りが気になって出来ない。その「代弁者」として、それが出来る人が、テレビに数多く出ているのです。

 

好感度ばかり気にして、周りの目を伺っていると、不自然になります。言いたいことが言えず、ストレスが溜まります。ストレスが溜まると、それが表情に出て、周りに悪影響を及ぼします。そんな人からは、人が離れていきます。

 

自分はこんなにも、周りに気を使って生きているのに、あの人は一切そんなことはしていない。それなのにチヤホヤされてズルい、不公平だ。そんな風に「妬む」人も多いです。他人を妬むと、文句や愚痴をたくさん言うようになります。文句や愚痴をたくさん言うと、それが表情に出て、周りに悪影響を及ぼします。そんな人からは、人が離れていきます。

 

解決法は簡単です。好感度なんて、気にしないことです。誰も、あなたのことなんて、何とも思っていません。好きでも嫌いでもありません。そもそも「興味がない」のです。あなたが一方的に、こう思われてるんじゃないか、こんな風に思われるに違いないと、妄想しているだけです。

 

大丈夫。誰もあなたに興味ありません。余計なことは考えずに、好きなように自然に生きれば良いし、言いたことは言えば良いのです。そうすれば、ストレスが無くなり、良い表情になります。その結果として、あなたの元に人が集まってきます。

kensasano.hatenablog.com