個人事業主やフリーランス女性専門のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の個人事業主やフリーランス女性の相談に乗ってきました。

「人生損してる」と言う人ほど人生損してる

何かにつけて、それをしないと「人生損してる」と、他人に言う人がいます。こういう人ほど、人生損しています。

 

私が今までに聞いたことがあるのは、お酒、ワイン、甘いもの、辛いもの、温泉、スノボ、ワンピース(漫画)です。どれもこれも、嗜好品であり趣味です。他人にとやかく言われる筋合いはありません。

 

日本人の3分の1は、体質的にお酒が飲めません。アルコールを分解する酵素が、生まれつき無いのです。もう仕方ありません。そんな人に、お酒が飲めないと、人生損していると言うのは、間違っています。

 

お酒が飲める人の中でも、好みが分かれます。日本酒が好きな人、焼酎が好きな人、ビールが好きな人。それぞれいます。それは個人の好みです。ワインが好きだというのも好みです。それにも関わらず、ワインを飲んでいない人に、人生損してると言うのは、間違っています。

 

甘いものが苦手な人は、女性にも意外と多いです。逆に、男性でも、甘いものが好きな人は、意外と多いです。どっちが良いとか悪いとかではありません。食べたい人は食べれば良いし、食べたくなければ、食べなくて良いのです。他人に言われる問題ではありません。

 

結局、人生損してると言う人は「寂しい」のです。自分はワインが好きだ。だから、それを認めてほしい。一緒に飲んでほしい。その気持ちが空回りして、強く言ってしまうのです。

 

個人の趣味・嗜好というのは、本当に人それぞれ違います。血の繋がった家族でも、全く違ったりします。そのくらい「超・個人的」なものです。それに対して、他人がどうこう言う権利はありません。

 

人付き合いの上手い人は、それも良いね、これも良いねと言います。他人が何を好きであろうと、決して否定しません。話に「乗っかって」いきます。そうすると、相手は嬉しくなります。自分の意見は押し付けず、相手の意見は素直に聞く。これが出来れば、他人と揉めることも、嫌われることもありません。

kensasano.hatenablog.com