個人事業主やフリーランス女性専門のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の個人事業主やフリーランス女性の相談に乗ってきました。

友達はその時々で入れ替わるのが普通

「今まで仲良かった友達と、疎遠になりつつあるので、どうしたら良いですか?」と、20代の方に相談されました。大丈夫です。何の問題もありません。友達とはそういうものです。 

 

そもそも赤の他人と、常に一定の距離で、いれる訳がありません。人生のステージが変わるごとに、付き合う相手は変わります。学生時代の友達とは、社会人になったら途切れます。結婚したら、また付き合う相手が変わります。子供が生まれたらママ友が出来ますが、小学校、中学校、高校と上がるにつれ、そのメンバーも変わってきます。というように、常に「人事異動」はあるのです。

 

私には幼馴染が一人いますが、会うのは年に1,2回です。高校の時の友達は二人だけいて、数年に一度会う程度です。大学時代の友達とは、もう何年も会っていません。そもそも連絡先すら知りません。社会人になってからの知り合いとも、ここ数年は全く会っていません。一緒にいるのが退屈だなと思い、もう会う必要もないかなと。それより家で本を読んだり、映画を観ている方が、はるかに楽しいです。

 

このように、友達とは会う頻度が減るのが、普通なのです。学生時代のように、べったり付き合い、頻繁に会う方が異常です。厳しい言い方をすると、当時から成長していないということです。

 

あなたのレベルが上がるごとに、会う人のレベルも上がります。学生時代の友達と会っていて、つまらないなと思うのは、あなたのレベルが上がった証拠です。前向きに捉えて、どんどん次のステップへ行きましょう。それがあなたの人生にとっては、より大事なことです。

kensasano.hatenablog.com