フリーランス女性の為のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の個人事業主やフリーランス女性の相談に乗ってきました。

確実に開封してもらえるメールの件名の使い方

メールを確実に開封してもらうには、件名に「結論」を入れることです。そうすると後回しにされることはありません。

 

私はいつも件名で全て言い切るようにしています。例えば、こんな感じです。

・了解です/笹野より

・入金確認しました/笹野より

・個別コンサルの件/笹野より

このように書いておくと、件名を見ただけで、誰からの、何のメールかが、ひと目で分かります。こうしておけば、保留されたり、見落とされることはありません。

 

私の前職は、ネット通販の仕事です。たった6名の社員で1億円以上の受注をこなしていました。お客様との対応は全てメールです。膨大な数です。一週間で何百件というメールをやり取りしていたので、自然とコツが身につきました。

 

お客様によって、分かりやすい人と分かりにくい人がいます。すぐに対応しようと思う人と、ちょっと後にしておこうという人に、はっきりと分かれます。その判断は全て、件名でやっていました。件名に結論がある人から順に対応していました。それが基準になっています。

 

日頃から膨大なメールを処理している人には、こうした一定の基準が必ずあります。その中で最も多いのが、件名で判断するという基準です。これが一番判断しやすいからです。

 

あなたの周りで、仕事ができるなという人のメールを見てみてください。必ず、件名と冒頭の三行で結論を言い切っているはずです。そういう人の真似をすれば良いのです。たったそれだけで、あなたも仕事ができる人と思われ、その仲間入りができます。簡単なことです。

kensasano.hatenablog.com