法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客、女性起業家のブログ集客をサポートするコンサルタント 笹野健

法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客、ブログ集客に悩む女性起業家や、起業したいけどアイデアやスキルがないので困っている起業女子のサポートをし続け、12年間で3,600名以上の相談に乗ってきました。その他にも、お金、運気、金運、人間関係の悩み、恋愛、婚活、離婚等、何でも答えます。何でも聞いてください。

である調とですます調を混在させない

個別コンサルに申し込んでくれたお客様のブログを読んでいると、である調とですます調が混在している人がたまにいます。これは非常に読みにくいので、一緒にしてはいけません。「混ぜるな危険」と覚えておきましょう。

 

である調とですます調を使い分けるなら、完全に違う文章の時にするべきです。例えば、普段の記事はですます調で書き、少し固い文章を書く時はである調で書く。そういう風にすると、読んでいる方も混乱しません。

 

私は普段はですます調です。エッセイやコラムを書く時には、である調に変えます。たまにである調で書きたくなる時があるのと、長めの文章なので、読みやすいようにテンポを出す為です。

 

基本的には同じトーンで統一しておいた方が書きやすく、読みやすいです。両方書ける人は滅多にいません。無理せずに、どちらかにしておきましょう。

kensasano.hatenablog.com