法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客、女性起業家のブログ集客をサポートするコンサルタント 笹野健

法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客、ブログ集客に悩む女性起業家や、起業したいけどアイデアやスキルがないので困っている起業女子のサポートをし続け、12年間で3,600名以上の相談に乗ってきました。その他にも、お金、運気、金運、人間関係の悩み、恋愛、婚活、離婚等、何でも答えます。何でも聞いてください。

おばさんは見た目の良い若い男が好き

おばさんは見た目の良い若い男が好きです。この法則を私は19歳の頃から知っていました。で、それを理解した上で、ずっと仕事をしてきました。

 

大学2年生になったのとほぼ同時にアフタヌーンティーティールームというカフェにバイトの面接に行きました。

www.afternoon-tea.net

 

当時はとても人気があり、バイトの面接なのに、30人受けて、1人しか通らないような「狭き門」でした。その1人が私です。店長は30代の女性で、19歳の私は、彼女を喜ばせようと、ウケの良さそうな話ばかりしていました。案の定、ノッてきました。2人同時面接なのに、30分の間、27分は私とだけ話していました。

 

憧れのアフタヌーンティーティールームで働きたい!という人が圧倒的に多い中、「家から近いから」という志望動機の私が通りました。完全に作戦勝ちです。

 

入店して分かったのは、ここにはお金持ちのおばさんしか来ないということでした。紅茶が1杯700円もするのです。ケーキも食べたら1,500円くらいになります。学生や若者はほぼ皆無。メインは40代から50代です。その層からすると19歳の男の子は「息子」みたいなものです。

 

その立場を活かして、テイクアウトの商品を熱心に売りました。見た目のシュッとした若い男の子におすすめされて、断れるおばさんはなかなかいません。気付いたら全国で一位の成績になっていたようで、本社の人間が視察に来たほどです。

 

27歳で独立しました。当初は法人の仕事をメインにやっていましたが、すぐに気付きました。「おばさんの方が売りやすい」ということに。やはり狙い通りで、年上のお金持ちのおばさんがどんどん仕事の依頼をくれました。

 

こういう実体験があるので、私はずっと女性を相手に仕事をしています。その方が圧倒的に売りやすいからです。

 

どんな商品を誰に対して売るのか。その対象者は、どんな思考回路をしていて、どうされたら喜ぶのか。そこを徹底的に考えられる人は、いずれ売れるようになっていきます。これは、あらゆる商売に共通して言えることです。

kensasano.hatenablog.com