SNS・ブログ集客の指導歴13年のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の相談に乗ってきました。

接骨院のブログのSEO対策

SEO対策に力を入れたいです」と、横浜市内の接骨院の方に相談されました。

 

ブログをやっているようなので、それを見てみると、少し「残念」な感じでした。なので、そこから直すことにしました。

 

まず、接骨院に行こうかなと思っている人は、どんな言葉で検索するのか?ということです。多くの人は「横浜 接骨院」とか「◯◯(駅名)接骨院」と検索します。ということは、それが入っていることが大前提です。

 

例しに書いてみると「横浜市保土ヶ谷接骨院◯◯」とか「上大岡駅接骨院」というようにブログタイトルに地名や駅名と業種を入れておきましょう。地域商売をやる上では必須です。

 

但し、これはどこの接骨院もやることなので、そんなに差はつきません。ここまでやってようやく「スタートライン」です。

 

次にお客様が悩んでいる症状についてです。肩こり、腰痛、首痛というように、よく相談される症状があると思います。それらについて記事に書いていくことです。例えばこんな感じです。

保土ヶ谷で肩こりの治療をしたい方へ

・上大岡で腰痛に悩んでいる方へ

・首痛と頭痛を併発する原因

というように、記事タイトルにお客様が悩んでいる症状を入れて「この記事は自分に関係あるんだ」と思わせることです。それを繰り返しているうちに、SEOとしても効果が出てきて、ブログ自体も読まれるようになります。

 

記事はたくさん書く必要も、長く書く必要もありません。患者さんは症状を改善したいのです。長くて分かりにくい文章を読まされたら、余計に肩が凝ります。簡潔で分かりやすく淡々と書きましょう。

 

寒くなってきたので、血流が悪くなり、肩こりの症状を訴える人が増えてきました、とか。コロナにかからないように、こんなストレッチをして免疫力を上げましょう、とか。このくらい短い文章で大丈夫です。決して専門用語や小難しい表現はやめましょう。そういうの、一番ウケません。

 

というようなことを、それぞれの接骨院の状況や地域性を踏まえて、アドバイスしていきます。たった2時間で見違えるようにあなたのブログが変わりますよ。

kensasano.hatenablog.com