個人事業主やフリーランス女性専門のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の個人事業主やフリーランス女性の相談に乗ってきました。

着付け教室のネット集客法

着付け教室の方から相談を受けることがたまにあります。この記事を読んだということで、連絡をくれるのです。

blog.kensasano.tokyo

blog.kensasano.tokyo

 

 

着付け教室の人は、なんとか着物を着てほしいと思っています。が、現実問題として、着物を着る機会というのは、そんなに多くありません。書き入れ時の成人式のシーズンには、大手の着物会社や美容院が参入してきて、価格競争になります。資本力に劣る個人では勝ち目がありません。

 

では、どうするか。私が考え出したアイデアは、着物を着る「体験」を、まずは売るというものです。いきなり着物を着たい人はいません。いませんが、着物を着て写真を撮りたいという人は多いです。

 

観光地に行くと、レンタル着物屋さんが必ずあります。京都でも浅草でも、若い女性がレンタルの着物を着て、歩いている姿をよく見かけます。この「お手伝い」をしてあげれば良いのです。一緒にお店について行って、選んであげるだけでも、初心者にとってはありがたいサービスです。

 

観光地でなくても、その地域の神社やホテル、茶店や割烹、レストランでも良いと思います。そういうところに着物を着て行くという体験をまずはしてもらう。そうすると、着物のメリットに気付きやすいです。

 

着物好きのお客様に聞いた話ですが、着物姿でホテルにチェックインすると、いつも勝手にランクアップしてくれるそうです。他にも良い席に通してもらえたり、やたらと気を使われたり、一緒に写真を撮ってほしいと言われたり。そんなことがしょっちゅう起こるとのこと。それだけ「特別感」のある服装だということの現れだと思います。

 

そういう体験を通して、本格的に「ハマった」人に対して、継続的なレッスンを売っていけば、収益としては安定します。

 

着付け教室というのは、思いっきり不要不急な業種です。ということは、まずはお客様を「育てる」という発想を持たないといけません。にも関わらず、いきなり数ヶ月分のレッスンを売ろう売ろうと必死になっている人がほとんどです。

 

そうではなく、上に書いたような考え方を持つことが必要です。そうすれば、地域に1店舗ずつくらいは、何とか生き延びることはできると思います。早い者勝ちですよ。

blog.kensasano.tokyo