フリーランス女性の為のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の個人事業主やフリーランス女性の相談に乗ってきました。

仕事ができる人が出世するとは限らない

会社組織で面白いのが、仕事ができる人が出世するとは限らないということです。

 

あなたの会社にもいると思います。抜群に頭がキレて、仕事ができるのに、出世に縁のない人が。どこか孤高なイメージがあり、近付きにくく、仲の良い社員もほぼいません。

 

一方で、いつもぼんやりしていて、大して仕事ができないのに、トントンと出世していく人もいます。常にニコニコしていて、体型は小太り。飲みの誘いは絶対に断らないタイプです。

 

前者はなかなか出世せず、後者はどんどん出世していく。この差はどこにあるのかというと「扱いやすさと人に好かれているかどうか」の違いです。

 

上司や経営者層からすると、扱いやすい人間を重要なポジションに置いておいた方が、全体をコントロールしやすいです。これは組織論から考えると、当たり前の話です。いくら仕事ができるからといって、扱いにくい人間をそこに据えると、組織に混乱が生じます。

 

映画や小説で上司の「コバンザメ」のような人間がよく出てきますが、大体はNo.2くらいのポジションにいます。おべんちゃらを言い続け、そこまで引っ張り上げてもらったのです。こういう人材は、世の中には実に多く、日本の会社の管理職のうち、85%はこのタイプだと思って間違いありません。

 

次に、人に好かれているかどうかですが、これは分かりやすいと思います。上にも下にも好かれる人が管理職にいれば、組織は円滑に動きます。上からは指示を与えやすく、下からは悩みの相談がしやすいです。そうすることにより、上意下達がスムーズになり、一般社員の悩みも吸い上げることが出来ます。

 

ここであなたに朗報です。仕事ができなくても、出世する方法はあります。上に書いた通り、日本の会社の管理職のうち、85%はコバンザメとして出世しているので、それをあなたも真似れば良いのです。

 

もちろん、自分の力でやっていくんだという独立精神が旺盛な人は、組織から離れた方が幸せになれるでしょうが。あなたのような組織がないと生きていけないタイプは、いかにその中で「生き抜くか」を考えた方が賢明です。

 

頑張って勉強してスキルを身につけ、仕事で成果を出した途端に、上司に睨まれるようになった。これが日本の企業の現実です。それが嫌なら、勉強なんかせずに、いかに上司の機嫌をとるかを考えるのも一つの方法です。

 

まぁ、そんな会社に未来はありませんが、そこを選んだのもあなたの運命です。仕方ないと諦めて、いかに会社を「使い倒すか」を考えるのも、楽しいと思いますよ。

kensasano.hatenablog.com